香川県塗装-企業様建屋外装改修工事/責任ある施工とは

連日暑い日々となっておりますが、

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

8月19日の高松市施工物件での温湿度計


香川県高松市の施工物件 温湿度計 8月19日

気温を計測して驚きましたΣ(・□・;)

コロナ禍で、さらに猛暑ときたもんですから、マスク着用の生活様式は理解していても、、

今や『熱中症』が懸念され、そちらも気をつけないといけませんね。

気づかない内になるのが熱中症。

適度な水分補給と、適度な休憩。

前日に深酒をしない。

睡眠をしっかりととる。

など、平素の生活習慣も大切です。

外部作業が多い弊社としましては、空調服を着用し、最近だと仲間に教えていただいた、夢ゲンクールというタオルも併用しています。

暑さに負けずと思いながらも、最善を尽くしながら作業を行っています。

現在、香川県高松市木太町に社屋を構える企業様よりご用命いただき、企業様社屋の外装改修工事を施工させていただいております。


香川県高松市木太町外壁塗装 シーリング 屋根塗装 川田建装

まずは外壁全体の下地改修工事を進めていきました。

外壁素材がALC板 100mm板を使用しています。

各所各部位に既存でシーリング材が充填されているのがALC板の特徴です。

既存シーリング材は完全撤去。新規シーリング材の充填を行います。

その後はテーピング処理を行い、プライマー塗布、新規シーリング充填となります。

企業様社屋シーリング工事 川田建装

企業様社屋シーリング工事 川田建装

企業様社屋シーリング工事 川田建装

企業様社屋シーリング工事 川田建装

欠けや欠損がある部位は、処理材にて復元したり下地改修も同時に行います。


企業様社屋下地改修工事 シーリング工事 川田建装

屋根部分の改修工事も今回行います。既存は折半屋根の為、各所端末の処理が必要です。

企業様社屋屋根折半 川田建装

現在使用されていないエアコン室外機の撤去も、先行で行いました。

内部にあるフロンガスを大気中に放出させてはいけない為、フロンガスの回収を行ってから撤去となります。

企業様社屋 室外機撤去 川田建装

企業様社屋 室外機撤去 川田建装

45tの重機を使用し、落下や転落に地優位しながら慎重に撤去していきました。

壁面の下地改修工事を終えると、いよいよ高圧洗浄となります。

既存塗膜表面は、経年劣化でチョーキングが発生しています。

企業様社屋外壁 チョーキング 川田建装

チョーキングが残っていると、新規塗料を塗装する際の密着不良が発生する為、入念な汚れ付着物の除去を行います。

企業様社屋外壁 高圧洗浄 川田建装

企業様社屋外壁 高圧洗浄 川田建装

洗浄中、チョーキング等の汚れ付着物が除去できているか?都度確認しながら洗浄していきます。


企業様社屋外壁 高圧洗浄 川田建装

洗浄中、塗装中など、ご近隣様への飛散をさせない為、ブルーシートを一部張り、対応しています。

『凡事徹底』当たり前のことを当たり前に行うことが大切です。

企業様社屋 飛散防止対策 川田建装

その後は各所ビニール養生を行い、いよいよ塗装となります。

高圧洗浄で汚れ付着物の除去を行いましたが、長期で塗料の密着をよくする為。カチオン系の下塗りを塗布致しました。

お見積り内容では、下塗りは厚付け仕様の下塗りのみとしていたのですが、責任施工を行う川田建装と致しましては、下塗りの工程を増やしました。

勿論、これは私の心意気。

塗料代金、施工代金は無料で行いました。お客様のご期待と、代表の川田の安心の為です。

カチオン系の下塗りを塗布後は、弾性系の下塗りを使用。

砂骨ローラーにて厚付けでの下塗りです。

香川県高松市木太町企業様社屋 外壁塗装 砂骨ローラー

パターンを均一にそろえ、適正な厚みを形成していきました。


香川県高松市木太町企業様社屋 外壁塗装 砂骨ローラー

現在2工程の下塗りを塗布。これより上塗りを2回塗布していきます。


香川県高松市木太町企業様社屋 外壁塗装 上塗り1回目

香川県高松市木太町企業様社屋 外壁塗装 上塗り1回目

香川県高松市木太町企業様社屋 外壁塗装 上塗り2回目

香川県高松市木太町企業様社屋 外壁塗装 上塗り2回目

現在西面の外壁塗装が完了し、引き続き北面・東面と順番に施工していきます。

PDCA=計画から実行、都度検査を行いながら改善しながら施工していく。

自社での施工品質を向上する為、常に高い意識での施工管理を行っています。施工管理が不十分であれば、施工品質も低下致します。

秋雨前線などの影響もあり、天候が不安定な日もあるであろうと推測されますが、引き続き『安全第一』で責任ある施工に努めてまいります。

訪問販売・テレアポ営業

訪問販売激増・テレアポ営業激増(迷惑な話)

2020年8月
私個人としましては、月日が経過することがなんとも早いものだと感じています。
コロナ禍、そして梅雨時期の長雨と豪雨…

各業種でコロナの影響があり、日本の経済、そして世界の経済までも崩れ落ちそうになっています。

長雨と豪雨に関しましては、大切なマイホームを突然失う…

大切な方が突然亡くなったり…

新型コロナに感染して、重症な方は命を奪われてしまう…

平素当たり前に過ごせていたことが、、
今となっては奇跡だったのか??
と感じるぐらい当たり前の生活が変わりました。

日本に限らず、地球全体の人類にとって、最大級の試練となっています。

GOtoトラベルキャンペーン。
日本政府が経済、そして人の雇用と生活を考えて企画した内容です。

経済を回す=飲食業やホテル・レジャー施設etc…そして移動手段として飛行機や新幹線etc…
たくさんの業種が関わってまいります。

そして、当たり前のことですが、その企業様やお店にはたくさんの雇用されている『人』がいるわけで、生活する為には仕事し、お給料をいただかないといけません。
とても素晴らしい考えだと感じる反面、まだまだ早期決断と実行ではないかΣ(・□・;)
と、感じていた私…

緊急事態宣言を解除したこと、GOtoトラベルキャンペーンを実施したことで、やはりとんでもない勢いで感染者が増えています。
私個人としましては、そのようなキャンペーンではなく、もっと深いルールづくりを行って、
経済を少しづつ回していってほしかったと考えます。緊急事態宣言の解除もそう。

何十年も続いた老舗のお店が閉店した。
とても業績が良かった企業様が、このコロナ禍で倒産した。

緊急事態宣言中だった際に決断されたお店や企業様がおられました。
関東で、私の知り合いもそうでした。

そんなプロセスがあったにも関わらず、安易に自粛生活を緩ませたことは、経済だけに終わらず、国民すべての生命に関わってくる問題となってきました。

阿保で私ごときの予想ですが、、
もう感染拡大は収まらない!

そう感じています。

『注意してください』
『自粛してください』

ではなく、、

・マスクを着用して移動しないと逮捕しますよ!(忘れたとか・破損した場合は渡す)
・飲食での利用時は徹底して仕切りやシールドを装着するように配慮しないと営業できませんよ!(準備する費用は国が負担する)
・飲食の作り手は徹底してマスクの着用&シールド着用をしないと営業できませんよ!(準備する費用は国が負担する)
・移動の新幹線や飛行機、バス、タクシーなどはマスク着用でなければ乗車や搭乗できません(法律で決める)

今現在分かっていること、確定していること
『唾や唾液が口や目に入らないようにする』
『接触する衣服や鞄、共有物を消毒したり、触れた手を目や口にもっていかないようにする』
注意する!ではなく、徹底して実行し、消毒や手洗いを常に行えば、感染しない!!

ウィズコロナ禍の現状ですから、上記2点さえ守って平素の生活様式を改善すれば感染しない!
と、私は考察しています。

とにかく、現状の状態で『お願い』だと『しない方』がいるのです。
何か法律で縛ってくださると、同じ日本人の方々は必ず守ってくれると思います。

救世主となるワクチンが開発されるまで、、
ウィズコロナは続くのです。

前代未聞。
私ごとき40数年の浅い人生の若輩者では、このような経験は初めてです。
聞けば、近県ではコロナに感染した方の自宅は、投石され、落書きされ、長く住んでいた住まいから引越しせざるをえなくなった…
上記と同様な事態となり、心病んで自殺されたなど…
コロナ禍で様々なことが浮彫りとなってまいりました。
感染病のおかげで、人が人を追い込んでいます
徹底して注意し、感染予防に努めていき、そんな中で感染した。となるのと、今の現状のような、予防もせず、マスクも着用せずに平素どおりに生活されている中で、感染拡大しているとなると、前項の方が良いですよね。
感染することは、『明日は我が身』だと思います。
しかし、国民が死なず、企業が廃業せずに、最低限生き抜いていく為には、国の力で良き方向へと導いていただきたい!と強く思っている私です。
私ごときがこんなブログで熱く語っても仕方ないのですが、一国民としての意見としての考えでした。

さて、タイトルに綴っている
訪問販売激増・テレアポ営業激増・(迷惑な話)

弊社へのお問合せをくださる方のほとんどが、

『訪問販売業者が来て迷惑している』

sagi_reform-e1559704460472

『しつこい営業される』

『電話までかかってくる』

『勝手に見積書がポストに入っている』

『しつこくて気持ち悪い』

『敷地に勝手に入ってくる』

yjimage7

『電話でしつこく営業してくる』

yjimage5

『ダイレクトメールがよくくる』
そう仰います。

そして、弊社へご用命くださる方は、

『やっぱり品質重視だからね』

『失敗のない工事をしたいから決めた』

『信用性があるから期待できそう』

『人柄で頼みたい』

『過去に施工していたのを見ていたから期待できる』

『根拠のあるご提案に期待できそう』

と、有難いお言葉を頂戴しながら、ご用命くださいます。


弊社社屋は、住宅団地内にございます。先日の草抜きの際、弊社専務が参加しておりましたが、『訪問営業がきて鬱陶しい…しつこいのよ』と、ご近所様が仰っていたそうです。
どこの会社なのか?
と聞くと、市内に営業所を構える本社が兵庫県の会社だそうです。

県外から進出してきた訪問販売業者も多いですね~
特に関西から。
まぁ近いですからね。

岡山からもきています。

県内でも多いです。
元々長年訪問販売して受注すれば、外注に丸投げ。
外注に丸投げとは=自社で雇用していない職人さんが請負して施工することです。

『弊社のグループ会社で責任ある施工をしてくれます』
『技術指導を徹底していますし、施工管理は私がしますから大丈夫ですよ』

上記内容で、施工管理者は一日中その現場で一緒にいるのか?
施工管理する為には、その場所を離れた時点でできないのではないか?
グループ会社といっても、結局別の会社の人ではないか?

と疑問を抱きませんか?

親会社が有名な訪問販売会社。
最近では香川県と徳島県に別会社を立ち上げて、テレアポ営業やダイレクトメールを送り、
営業しまくっています。
あたかも地域の会社だと思わすような会社名で。

ただ、こちらも結局は自社職人はいない。
安く工事を請け負い、実績が多くあるから安心。オリジナル塗料があり自信がある。

う~ん。

安く工事をお客様より請負、安い賃金で外注の下請け業者に施工させる。
その時点で、安く請け負う下請け業者はやっつけ仕事をしないのか??

実績が多くあるけど、クレームも多いのではないのか??

オリジナル塗料といっても、、結局はどこが製造しているの?

日本国内だけでも。
日本ペイント様。関西ペイント様。
国内最大手の塗料メーカー様がおられます。

そして、他の塗料メーカー様も、たくさんの会社さんがあります。

じゃあ、その塗料メーカー様のどこかに依頼して、
『OEM』しているのですね。

OEMとは

「Original Equipment Manufacturing(Manufacturer)」を略した言葉で、日本語だと他社ブランドの製品を製造すること(あるいはその企業)を指す。アパレル業界の方なら、非常に馴染みのある言葉だろう。他にも、化粧品や家電、食品、塗料、自動車業界などで普及している方法。

イメージしやすいOEMの代表例をあげると、コンビニに並ぶ会社ロゴが入ったお菓子などのプライベートブランド商品がこれに当たる。またリンゴのロゴで有名なスマートフォンも多くが海外で生産されるOEM商品である。違うブランドなのに、中身は同じような商品が売られている!?と思ったら、それはOEMで作られた商品の可能性が高い。

OEMの種類

OEM生産は大きく分けて2つの形態がある。

1)完成品、または半完成品を相手先のブランド名で製造する
下請製造の一種として発した製造形態だが、生産者側の開発品を相手先のブランド名で供給する点が、下請構造とは異なる。つまり、OEM受託側が、「こんな素敵な商品を企画したのですが、あなたのブランド名で販売しませんか?」と提案してくれるわけだ。

発注するブランド側は、その商品が自社ブランドにピッタリで、良い商品であれば、自社で商品開発をする手間を省くことができる。受託企業の提案そのままだと、その商品を採用した他社ブランドと全く同じになってしまうので、「別注」という形をとって、一部の仕様を変更して生産することもある。

2)とある企業がメーカーに対して、自社ブランド製品の製造を委託する
この場合は、依頼主(ブランド側)が製品の仕様を決め、完成した製品の管理権と所有権を依頼主が持つことになる。依頼主はOEM受託企業と契約を交わし、仕様書や原料、資材などを受託企業へ提供する。場合によっては、依頼主が技術指導まで行うこともあるそうだ。このパターンは、「分業」といった方が分かりやすいかもしれない上記内容が『OEM』についての内容。
簡単に申しますと、塗料メーカー様へ依頼して、金額設定をしてラベルは依頼した会社名にして使用する。といった内容なのです。

聞こえが良い、メリットばかりを言ってくる。
うまい話しには裏がある。と、よくいったものですね。

私からすると、良い商品を使用しても、良い提案をしても、結局施工するのは、
『人』なんです。
物を販売する訳でもなく、塗料を製造するわけでもない。

施工する『人』がどれだけの知識があり、どれだけの経験があるのか?
そして、どれだけ丁寧に施工できるのか?
どんな人なのか?
契約通りに施工してくれるのか?しんどいことも一所懸命してくれるのか?
めんどくさいという観点で施工されないのか?
安い仕事なんだから手抜きしようとか考えないのか?
3回塗装しますといって回数を減らさないのか?
シーリングの打替えをするといって増し打ちしないのか?
資格保有者が施工してくれるのか?
施工管理者も資格保有者がしてくれるのだろうか?

最も重要な部分は、『誰が施工するか?』

なのです。

最近では電気屋さんが塗装工事を進めてきます。
電気屋さんに塗装職人はいますか?

結局外注なんです。

ゲリラ的に、問答無用でしつこい営業をする訪問販売業者。手当り次第に電話をかけるテレアポ営業。インターフォンを鳴らして営業することを、専門用語で『たたき営業』というそうです。
『反響何件や?』『1件です』『じゃあ明日300軒たたいてこい!』訪問販売業者の中では、そんな会話がされていることでしょう 笑∑(゚Д゚)
怖い怖い、、、
最後に、若い経営者が実績も経験もなく訪問販売している悪徳訪問販売業者もいますので、、うまいトークには騙されないよう注意してくださいね〜
ポータルサイト、紹介サイトからくる業者の施工品質も同様です 笑

『あなたのお家は狙われています』

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

このブログは時折更新する代表のブログ。近況で、日々更新しているブログは下記となります。

いろんなジャンルやカテゴリー別で、これからさらに更新してまいりますので、気になる方はご覧になってください。

なんちゃっての施工。手抜き工事の施工。利益だけ考えた施工。

ではなく、プロの施工をご紹介しています。

川田建装施工ブログhttps://www.kagawakentosoukawadakensou.com/ブログ/
川田建装KKニュースhttps://www.kk-kawadakensou.com/news.html

川田建装-建装リフォーム-雨漏り119高松店 香川県

香川県塗装-香川県高松市香川町にて塗装工事

長く続いた長雨や大雨。

今年の梅雨は、本当によく降りました。

豪雨での甚大な被害もあり、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

県内でも多くの雨漏りがあることから、弊社にもたくさんのお問合せやご相談がございました。

塗装工事案件、屋根修繕案件、内部や外装のリフォームもそうですが、たくさんのご依頼に、順番に施工させていただいております。

受注すれば外注に丸投げ…

今季の売上を目指す為にやっつけ仕事をする…

そんなやり方ではない弊社ですから、、

順番に確実に施工させていただいております。

ここ直近では、香川県高松市香川町にて、外装の塗装工事、シーリング工事、屋根塗装工事として、新規工事に着手致しました。

香川県高松市香川町にて塗装

こちらは建築された事業者様からのご用命。

弊社では、お客様より直接請負する工事もさることながら、事業者様やハウスメーカー様からも、直接請負させていただいております。

しかし、塗料メーカーさんからの案件は、なるべく請負していません。

何故なら、発注金額が激安で、まともな施工ができないからです。

そんな内容の工事は、どこかの訪問販売業者の下請けをしている塗装業者や、下請けしかできない職人さんにでもしてもらったら良いという考えです。

現在はシーリングの打ち替えを行ったり、

香川県高松市香川町にてシーリング打ち替え
香川県高松市香川町にてシーリング打ち替え
香川県高松市香川町シーリング打ち替え
香川県高松市香川町シーリング打ち替え

新規で先行シーリング部分はしっかり乾燥させ、意匠性が違う外壁面は、外壁塗装を進めています。

香川県高松市香川町にて外壁塗装
香川県高松市香川町外壁塗装

屋根塗装は弊社スタンダードの4工程。

使用する塗料すべてがオールフッ素樹脂塗料仕上げで進めています。

梅雨明けしたら、暑い日常となりましたが、熱中症に注意しながら、確実な施工に取り組んでまいります。

建装リフォームショールームのウエルカムボードも夏バージョンとなりました。

建装リフォームショールーム
建装リフォームショールーム

そうそう、手洗いうがいも忘れずに。

コロナに負けずに頑張ってまいります!

香川県高松市香川町で塗装なら、シーリング工事なら、防水工事なら、リフォームなら、雨漏り修理なら川田建装へお気軽にご相談くださいませ。

香川県塗装-マンション塗装工事の状況-高松市扇町


令和2年の梅雨。 長雨と大雨で全国に大きな被害が発生していますね。

特に九州では甚大な被害となり、報道などを見ていると胸が痛くなります…

大切なマイホームが無くなったり… 大切な方を失ったりと…

雨が降らなければ、生活に必要な水がなくなり生きていけない。

しかし、こんなにも続く長雨や大雨で、人が造った物が壊されてしまう。

雨漏りの解決にも類似している考えなのですが、水道をコントロールするという観点が必要なのだと思います。

氾濫した河川には原因がいくつもあり、想定外の雨量ということも理解できますが、想定外の雨量にも対応できる対策が早急に必要なのだと、強く感じます。

雨漏りは必ず解決できます! 私どもならば必ず。

今回のような甚大な被害を回避する為には、河川の修復や改善には、私ども個人としては役に立ちません。国をあげて予算を組み、尽力していただきたいと、一国民の私として切に願います。

さて、この長雨と大雨で外部作業はほとんど進まない状況です。

今回の内容としましては、この近況で施工させていただいた香川県高松市扇町でのマンション塗装工事の内容を綴ります。

長年メンテナンスをあまりされていなかった建屋ですから、各所各部位の経年劣化や、傷みが著しい状態でした。

ただ、過去にはただの塗装工事をされていたようです

This image has an empty alt attribute; its file name is CIMG0612-1024x768.jpg
マンション外壁塗装 施工前 川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is CIMG0614-1024x768.jpg
マンション外壁塗装 施工前 香川県塗装川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is CIMG0615-1024x768.jpg
マンション外壁塗装 施工前 香川県塗装川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is CIMG0645-1024x768.jpg
螺旋階段 施工前 香川県鉄部塗装川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is CIMG0632-1024x768.jpg
螺旋階段 施工前 香川県鉄部塗装川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is c0ec9d8d345caa5821885452f3888fcd.jpg
バルコニー施工前 香川県塗装川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is e9796a2e40c40f54be4a6b8a14784a22.jpg
バルコニー施工前 香川県塗装川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is 2606b72979306f02696d199c91e93e90.jpg
タンク塗装 施工前 香川県塗装川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is 192c40d9f399429100ebad2bba00130c.jpg
キャノピー施工前 香川県塗装川田建装

ほんの一部の施工前状況ですが、各所各部位の劣化や傷みがあることが分かります。

因みに、過去は某施設だったということから、大きな排気ダクトが取り付けられており、このようなダクトも撤去致しました。

This image has an empty alt attribute; its file name is 83b0398d686a9facf7f57a262b5b9691.jpg
排気ダクト撤去 川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is 620bf8ccae18173d03e4a3db12eb4918.jpg
排気ダクト撤去 川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is 3f8e34b860f493085ffc0f9a1abe835b.jpg
排気ダクト撤去 川田建装

このような内容も、弊社の場合は自社施工です。

基本的に、弊社はオールマイティな施工が行え、気が付いたことは即対応可能となります。

また、自社施工ができ、自社で施工管理も行えることから、手抜き工事が全くないということが最大とメリットといえるでしょう。

ここで少し綴ってみますが、手抜き工事が発生する理由。

最近では県内でも大手の塗装会社さんがホームページを開設していました。あたかも自社職人さんが多く在籍しているように見えるよう、資格保有者を掲載しています。

しかし、誰が取得しているかの掲載はない。

それは、そちらの会社さんで自社職人さんなど一人もいないからです。

雇用されている資格保有者さんは、施工管理の方々だけ。

自社で雇用していて資格保有者の『自社職人』は一人も雇用していにないからです。

これは、建設会社さんも同じ。

完全自社施工などといった、建設会社さんのホームページを拝見致しますが、結局は下請け業者さんへ依頼して施工をさせるシステムです。

そこで、何故手抜き工事や手抜き内容の施工が発生するのか?

を考えてまいりましょう。

発注する側としては、『いくらで請負してくれますか?』

と、発注する会社もあれば。

『この金額で施工してください』と発注する会社さんがおられます。

『この金額で施工してください』

と、大幅な粗利を発注者へとられ、まとな内容で作業できる金額ではない安い発注金額で発注され、安い請負金額で受注した下請け業者が、利益を追求して手抜きな施工が発生するのです。

まぁ、『安くとも請負する業者がいる』ということが、ごのご時世とてもあぶない環境なんですがね…

訪問販売業者や、どこで調べたのか?ダイレクトに電話をかけてきて、押し売りのような営業をしてくる会社も同様です。

私の自宅にも突然電話がかかってきました。

アルバイトなのか、パートできているような感じでの女性の方からでした。

『〇〇ホーム〇〇〇〇です。外壁の塗装をしませんか?』

弊社専務『いらないです』

『奥様!奥様!少し聞いてください。』

『今ならお得に工事ができますよ』

弊社専務『いらないです』

話す時間が無駄だったということで、余計な会話はしなかったそうです (笑)

上記の会社さんとなると、自宅ではなく、弊社にも電話をしてきて、

『○○ホーム〇〇〇〇です。塗装現場があるのですが、施工してもらえないでしょうか?』

Σ(・□・;)

施工店や施工する自社職人がいないのなら、営業なんかするなよ!

と思い感じた川田でした(笑)

香川県内も、平素よりこんな環境となっているのが実情です。

余談はさておき、やはり自社で施工が行え、自社で施工管理が行え、オールマイティな施工が行える弊社は、一度にたくさんの物件を施工は行えませんが、クオリティには自信がございます。

今回の物件構造は鉄骨造。

壁面素材はALCパネル。

既存壁面塗材はアクリル系リシンの吹付け仕上げでした。

ALCパネルは、各所へシーリング(コーキング)材が充填されており、過去に塗替えをされていた際、シーリングの打替えをされていないことから、各所へ漏水が発生しておりました。

ALCパネルは、シーリング材で止水されているといっても過言ではございません。

この度もシーリングの打替えを行いました。

This image has an empty alt attribute; its file name is IMG_9949.jpg
シーリング打替え 川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is 1c2922a41090ecc0921694cafb7e333d.jpg
シーリング打替え 川田建装

RC造であればリフリート工事という分類になりますが、ALC素材でもリフリート工事に近い内容で下地処理を行います。

This image has an empty alt attribute; its file name is IMG_9638-1024x768.jpg
壁面リフリート工事 川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is 6baa99f6f837b78aa04b075edcd881a7.jpg
リフリート工事 シーリング工事 川田建装

現状、既存壁面ALC板の下処理不足ということで、水さなピンホールが多く目立っておりました。

そこで、今回の外壁塗装での下塗り仕様は厚付け塗装での下塗りと致しました。

This image has an empty alt attribute; its file name is e2ea35bb851d6f5e0e5d4186bd132676.jpg
外壁塗装 厚付け下塗り 川田建装

中塗り・上塗りと丁寧に塗装。

This image has an empty alt attribute; its file name is 6d3ab3fe2054064e6bf32a66500042dd.jpg
外壁中塗り 香川県塗装川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is f9e374503221fcbf6f263dfee8bde409.jpg
外壁上塗り 香川県塗装川田建装

こちらも外壁上塗り状況

This image has an empty alt attribute; its file name is 22440809ff9311fceafcbb684c5b9cfa.jpg
外壁上塗り 香川県外壁塗装川田建装

ごくごく当たり前のことなんですが、お客様へご提案どおりに、下塗り・中塗り・上塗りと、手抜きなく塗装しています。

特にマンションやアパートの塗装工事で多いのですが、下塗りを塗装してから、上塗りを1回塗装して終わり!

という内容が多くあるようです。

そうです。手抜き工事ですΣ(・□・;)

天井も2回塗装します!

とご提案しているのに、実際は1回しか塗装せず終わり!

という内容があるようですね…

発注された方は、施工している内容を、よく観察した方が良いですよ。

大手になると、現場監督もグルですからね(笑)

恐ろしや…

今回の外壁塗装では適正な塗膜を形成致しました。

This image has an empty alt attribute; its file name is 6a0a336eadacacf1a857efc2594dac52.jpg
外壁塗装施工完了

バルコニー部分は、一部ジャングルのように植栽が生え茂っておりました

Σ(・□・;)

This image has an empty alt attribute; its file name is c0ec9d8d345caa5821885452f3888fcd-1.jpg

スタッフみんなで伐採し、清掃のうえ、シーリングの打替え、外壁の塗装を行いました。

This image has an empty alt attribute; its file name is 6e9c1941f946e9ca26c9f597d6afded7.jpg
バルコニー部施工後 川田建装

螺旋階段 鉄骨部塗装に関しましては、入念な研磨処理を施し、防錆処理(錆止め)・中塗り・上塗りという工程で施工致しました。

This image has an empty alt attribute; its file name is 48b4bbddba2e3fdcc2776913f3a42ce3.jpg
螺旋階段塗装 鉄部塗装香川県 川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is 203c47c4702328a977e21b20c4045e2e.jpg
螺旋階段施工完了香川県鉄部塗装 川田建装

しっかりと細かく施工した鉄部。

曇り空でもピカピカですね。

This image has an empty alt attribute; its file name is cfdca862855087e253580ae47b2def48.jpg
螺旋階段塗装 川田建装

タンク部も塗装を施し、素材が保護できる適正な塗膜を形成できました。

This image has an empty alt attribute; its file name is IMG_0229-1024x768.jpg
タンク塗装 川田建装
This image has an empty alt attribute; its file name is 70b68af3c070f5cb4ef91573b32c7196.jpg
タンク塗装施工完了 川田建装

キャノピー部は現在施工中でございます。

This image has an empty alt attribute; its file name is ab992b0902436b497cdc99ba4125545a.jpg
キャノピー施工中 川田建装

防水工事部は後日投稿したいと思っています。

雨天が続く県内。Paragraph

梅雨時期はあと少しとなりますが、これから台風シーズンともなってまいりますから、貴重な晴れ間にはしっかりと安全対策を行ったうえで、引き続き責任施工を行ってまいります。

香川県塗装・香川県外壁塗装なら

川田建装へおまかせください。

安かろう・悪かろうな工事や業者さんからのうまいお話には、騙されないようご注意くださいませ。

香川県防水-香川県高松市太田下町防水工事

香川県防水-香川県高松市太田下町防水工事

香川県高松市太田下町にて、防水工事を施工させていただきました。

香川県高松市太田下町防水工事
香川県高松市太田下町ウレタン塗膜防水X-1工法

こちらの物件は、以前外装塗装工事を高松市太田上町で施工させていただいたお客様の、お身内様になる方の物件です。

以前に何度も他社にて、防水工事という名ばかりのDIYをされており、いたる部位がとんでもない状況になっておりました。

室内へ漏水までしだした為、雨漏りの調査や雨漏り修繕が得意な弊社へお声がけくださり、今回の工事となりました。

調査時。大きな雨シミが目視で分かる状況でした。

香川県内の他社施工雨漏り事例

どこかの業者さんが施工したという、なんちゃって防水… どう感じますか?

他社雨漏り事例
他社雨漏り事例
他社雨漏り事例
他社雨漏り事例

理解される方には分かると思いますが、とんでもない内容の工事でした。

それも過去に2社携わっているそうで、2社共適当な工事をしていました…

業者さんだから大丈夫だろう。。。

と、お客様は業者へ発注されたのでしょう。

業者なら大丈夫。と勘違いしてしまいますものね。

大きな物件を工事している業者さんなら大丈夫?

公共工事をしている業者さんなら大丈夫?

今なら安く工事しますよ~

っと、呼んでもいないのに必死で営業してくる訪問販売業者や、全国で訪問販売してきた会社が別の社名で、あたかも地元業者だと装ってDMやポスティングしてくる悪徳会社?

など。

なかなか、どの業者がまともな施工してくれるのか?

このご時世分かったものではないです。

しっかりとした施工を行ってくれるのか?は、調査時やご提案時などに、しっかりヒアリングし、業者側の裏の顔を見定めてくださいませ。

お客様としましては、過去の工事費用が、なんとも勿体ない費用だったと思います。

安かろう…

悪かろう…

は最低ですね。

今回施工は、既存加硫ゴムシートの撤去を行い、陸屋根部はモルタルで勾配調整のうえ、ウレタン塗膜防水X-2工法で施工致しました。

既存シート撤去 川田建装
陸屋根 勾配調整 川田建装
陸屋根 プライマー
陸屋根 改修用ドレン
陸屋根 ウレタン塗膜防水X-2工法
陸屋根 ウレタン塗膜防水X-2工法
陸屋根 ウレタン塗膜防水X-2工法
陸屋根 ウレタン塗膜防水X-2工法
陸屋根 ウレタン塗膜防水X-2工法
陸屋根 ウレタン塗膜防水X-2工法
陸屋根 ウレタン塗膜防水 トップコート施工完了

バルコニー部は、既存加硫ゴムシート撤去後、下地処理のうえ改修ドレン取付、ウレタン塗膜防水X-1工法で施工致しました。

既存シート撤去後 下地処理
プライマー塗布
通気緩衝シート施工 川田建装
通気緩衝シート施工 川田建装
脱気筒取付 川田建装
改修用ドレン取付 川田建装
ウレタン塗膜防水X-1工法 川田建装
ウレタン塗膜防水X-1工法 川田建装
ウレタン塗膜防水X-1工法 川田建装

トップコートを施工して完了です。

勿論、各所端末の雨仕舞や役物はX-2工法で施工しています。

バルコニー ウレタン塗膜防水X-1工法 川田建装

室内への漏水は解決し、今後10年以上は安心な防水層となりました。

メーカー様・施工店の連名保証。

適正で確実な施工だからこその保証内容でございます。

梅雨時期。

例年より降水量が多く、県内も雨天ばかりでございます。

雨漏りで困られておられる方。防水工事をご検討の方は、お気軽にご相談くださいませ。

お問合せは087-844-2998となります。

香川県高松市岡本町にて外壁塗装/香川県外壁塗装

香川県高松市岡本町にて外壁塗装/香川県外壁塗装

梅雨らしい天候が続く香川県。

雨天時はジメジメとした暑さ。

晴れると、強い紫外線量で、だんだんと気温も高くなっています。

新型コロナの感染予防として、マスク着用で作業しておりますが、作業時は暑くて大変です。

最近では、屋上防水していた際に、マスク跡の日焼けをした自分の顔を見て笑いました。

湿度が高い状況となると、熱中症にも気をつけて作業しなければなりません。

作業時のヘルメット着用、安全靴は勿論のこと、熱中症予防で空調服を着て作業しています。

最近では、協力してくれている方や、スタッフにも、空調服をプレゼントしました。

熱中症も立派な労働災害ですから、仲間の為には尽くしたくなりますからね

^ ^

今時、ヘルメットなどの保護具を着用せず、足場上で作業している職人さんなど、見た目で良い仕事ができない人なんだろうな〜

と、他社さん施工で見かけた際は感じます。

基本的に、足場の組立等特別教育を受講してなければ足場での作業を行えません。

部材を変更したり、外したりなども行えません。

1.安全状態を保つ義務(安全衛生法 26 条、32 条、33 条、120 条)

・労働者は安全装置等について、取りはずし、又はその機能を失わせないこと。必要があるときは予め事業者の許可を受け,発見した時は事業者に申し出る義務(安衛則 29 条)

・労働者は、作業場の清潔に注意し、廃棄物を定められた場所以外に捨てないようにしなければならない義務(安衛則 620 条)

2.安全措置の義務
・車両系建設機械の使用する際の使用上の義務(安衛則 151 条の 1~83)

3.保護具の着用使用義務
・安全帯等の使用義務(安衛則 520 条)
・保護帽の着用義務(安衛則 539 条)
・安全靴等の使用義務(安衛則 558 条)
・呼吸用保護具等の使用義務(安衛則 593 条)保護衣、保護眼鏡、呼吸用保護衣等

・皮膚障害防止用保護具等の使用義務(安衛則 594 条)保護手袋、履物等 ・騒音障害防止用保護具の使用義務(安衛則 595 条)耳栓等

4.危険な行動の禁止義務 ・危険物がある場所における火気の使用禁止(安衛則 279 条)

・火気使用場所の火災防止義務(安衛則 291 条)

・昇降設備の使用義務(安衛則 526 条)

・高所からの物体投下による危険防止義務(安衛則 535 条)

・立ち入り禁止義務(安衛則 585 条)有害物を取り扱う場所等

【安全なくしてより良い施工など行えない】

何かあれば取り返しのつかないことになります。

会社も、職人さんも、そして依頼しているお客様も、作業員に何かあれば良いことなど何もないです。

安全衛生法。

そんなことも知らずに作業している。

もしくは知っていてしない。

そんなことも考えずに、YouTubuなどでノーヘルで作業している動画を公開している方なども見かけます。

問題外にもほどがあるというものです。

工事車両の整理整頓。

身なりの清潔さ。

材料置き場の整理整頓。

作業している場所の清掃を行っているか?

清潔な環境づくりが行えているか?

そして安全第一な環境で作業が行えているか。

上記だけ観察しても、良い作業が行える業者なのか、職人なのかが見えてきます。

どこかで適当な方は、施工内容も適当なんだと、、、

私の経験です。

さて、本日は平素よりお取引をさせていただいております、ハウスメーカー様よりご用命くださった物件に工事着手致しました。

香川県高松市岡本町での物件です。

平素、一般の方や企業様、マンションやアパートオーナー様からの直接取引をさせていただいておりますが、

ハウスメーカー様や建設会社様からのご依頼も頂戴しています。

今回は母屋と増築物件の塗装工事とシーリング工事を担当致します。

初日は高圧洗浄を行いましたが、工事着手前に伴い、増築部分の既存窯業系サイディング面の仕上げサンプルを作成致しました。

元々既存のサイディング面の意匠が高意匠な為、今回多彩模様仕上げでご提案致しました。

実際の仕上がりで、カラーサンプルを確認していただく為、事前に現地にてサンプル塗りです。

こちらがサンプル塗り後です。

多彩模様仕上げですが、実際使用するローラーは、メーカー推奨ローラーだとより良い仕上げが不可能な為、今回はさらに私のオリジナル仕様での仕上げです。

イメージはダブルトーンに近い印象で、最終的な仕上がりではクリヤーを塗布致します。

母屋部分は、既存外壁はラスモルタル下地のうえ、砂状仕上げとなっておりましたが、過去に他社にてエナメル系塗料が塗布されておりました。

各所膨れや剥がれが見受けられ、今回は下地改修後に透湿性の高い砂状仕上げを行う予定にしています。

これから安全第一で作業を行い、各所適正な仕様と施工で作業を進めてまいります。

香川県外壁塗装なら川田建装へ。

高松市外壁塗装なら川田建装へおまかせください。

マンション外壁塗装-香川県外壁塗装

マンション外壁塗装-香川県外壁塗装

香川県高松市扇町にて、マンション大規模改修工事を現在施工させていただいております。

どこかの下請け工事のような、ましては日雇い職人が入れ替わり立ち替わり施工するような作業ではなく、弊社自社施工で施工しています。

オーナー様より直接請け負いさせていただいております弊社ですから、責任ある責任施工は当然です。

壁面素材はALC素材、板間や窓周り、各社端末に既存でシーリング材が充填されています。

まずはシーリングの撤去を行い、

新規シーリング充填。

といいましても、撤去後はテーピング処理後にプライマー塗布。

ここから新規シーリング充填です。

充填後はすかさず均し作業

近頃は、急に暑くなってまいりましたから、熱中症対策の為、

空調服を着用して作業しています。

熱中症もれっきとした労働災害ですからね。

注意が必要です。

充填及び均し作業後。

シーリング工事も、自社施工で行いますから、確実に手抜き工事がございません。

適正な充填量。

そして、一番重要な作業として、プライマーの塗布量不足など、まずありえません。

勿論その前に、下地改修工事も行なっています。

そして、入居されている方々のストレスを軽減する為、

外壁塗装は、バルコニー面を優先的に進めていきました。

実は、今回ご提案させていたたいていた内容として、厚付け塗装、

専門的に申し上げますと、砂骨ローラーを用いてパターンを付ける作業=厚付け下塗りの

ご提案をしていませんでした。

しかし、下地劣化状況を考慮してと、オーナー様より弊社へご用命くださった想いとご期待にお応えする気持ちで、

心意気塗装して作業しています。

塗料の材料缶数は数倍の使用量。

作業の手間も数倍変わってきますが、商売よりも仕上がり重視な考えな弊社川田の心意気塗装です。

そして、今回関西ペイント様のリフォームサミット専用塗料で上塗り1回目塗装。

マンションやアパートの塗装工事で、下請け施工の業者がよくやるやり口。

上塗りを1回塗りで仕上げる・・・

専門的に申し上げますと、【ピンコロ塗り】1回塗りということです。

勿論勿論、弊社では2回目もしっかり塗装致します(#^.^#)

元請け業者としての責任。

人としての自覚。

当たり前のことを当たり前にしています。

これから高層マンション等での他社施工で、

こっそり業者さんがしていることを見ていてください。

上塗りが1回しか塗装されていないかもしれませんよ 笑

もしくは、下塗りが塗られていないかもしれません??

えっΣ(・□・;)

と思われるかもしれませんが、、

下請けで施工している業者さんは、そんなものなのです….

現在は、バルコニー面の施工は完了し、別の外壁塗装を進めています。

県内も梅雨時期真っ只中でございます。

慎重且つ丁寧で適正な施工に努めてまいります。

勿論安全第一で!

 

本日も高松市内でアパートの外壁塗装に伴うお見積りをさせていただきました。

香川県で外壁塗装をご検討の皆様。

是非川田建装へお声がけくださいませ。

お問合せは087-844-2998となります。

香川県外壁塗装 リフォームサミット店

香川県外壁塗装は川田建装へ

6月となり、ますます暑くなってまいりました。

新型コロナ禍で、マスク着用のまま作業していると、さらに暑く感じます。

明日より空調服を持参しようと、作業しながら考えている川田です。

さて、現在香川県高松市扇町にて施工させていただいております、マンション大規模修繕工事。

入居者様のストレスを軽減する為、先行で下地改修工事を終え、バルコニー部分の外壁塗装を施工しています。

塗料は、今回より関西ペイント様のリフォームサミットに参加している業者さんのみ使用できる塗料で施工。

歴史ある関西ペイント様の塗料。

そして、一般の建屋にも安心して施工できる塗料と提案内容に感銘をうけ、この度より使用率を高めていく次第となりました。

最近では某建設会社さんが、あたかも自社で施工しているかのような広告などを、WEB上で拝見致します。

使用している塗料も、某塗料メーカーさんの塗料で、弊社も加盟店となっています。

が、そんな建設会社さんまで使用できる塗料では、私の興味は薄れてしまいました。

ともうしましても、塗料も大切ですが、

やっぱり大切なことは、下地処理です。

塗料を活かすも、失敗するのも、

施工する我々技術者次第です。

四国地方も、梅雨入りしたと発表がございました。

外部作業は天候に左右される内容となりますが、ご用命くださったマンションオーナー様の為、しっかりとした施工に努めてまいります。

また、入居者様のことも考えた配慮ある施工にも、同時に努めてまいります。

香川県でマンションやアパート、ビルのメンテナンスや塗装、防水工事は、川田建装へおまかせください。

香川県高松市国分寺町木部塗装

香川県高松市国分寺町木部塗装

木部塗装ともうしましても、内装用と外装用で使用できる木部塗料と施工仕様が変わります。

また、内部木部に使用できる塗料も様々でございます。

最近では水溶性の塗料仕上げが主流となっており、

水性自然系塗料による着色仕上げ 用途:内装全般   塗装仕様:OS、ST(水性)

水性1液ウレタン標準仕様 用途:内装木部 建具、幅木など 塗装仕様:CL(水性) ※ UC、UC1(水性)にも対応しています。

吸込みの大きい杉や檜などの国産材推奨仕様

水性1液ウレタン仕様 用途:内装全般 建具、幅木、教室床、住宅床など   塗装仕様:OSV、OSUC(水性)   床等の強さを求められる所への仕様

水性1液ウレタン仕様 用途:内装全般 建具、幅木、教室床、住宅床など   塗装仕様:UC、UC1(水性)   床等の強さを求められる所への仕様

水性2液ウレタン無黄変仕様 用途:内装全般 建具、幅木、体育館床、教室床、住宅床など   塗装仕様:UC、UC2(水性)

体育館床、教室床、住宅床等、強さと広い面積への施工性が必要な時の仕様

OSCLという表記でオイルステインラッカークリヤー仕上げなど。

勿論、昔ながらのウレタン仕様で溶剤仕様も、臭気が気になければ、施工はできます。

簡単に考えてみても、様々な仕様と塗料がございます。

今回は外装の木部塗装について、少し綴ってまいります。

この度は、香川県高松市国分寺町のお客様より、弊社へご相談がございました。

建物外装に木部を使用しているお宅。

長年の紫外線で日焼けやヤニ、苔やカビが発生しておりました。

何社も他社へヒアリングしたそうですが、弊社でのご提案が最も信頼性がおける内容だったとお聞き致しました。

弊社へご用命くださった後、まずはテスト施工をさせていただきました。

研磨で、どこまで磨けるか?

ここまで日焼けやヤニで黒くなっている部分ですから、しっかりとした研磨処理が必要だと考察していました。

私は基本的に、高圧洗浄機で木部を洗浄することを嫌います。

何故なら、木目へ高圧洗浄水をもっていくことで、木本来の肌を傷めてしまうからです。

お客様も同様なお考えでした。

試しに手工具で研磨致しましたが、なかなか綺麗に磨けません。

お客様ご自身がご準備していた電動工具を使用してみると、、

あれよあれよと、磨けるではないですかΣ(・□・;)

これは大変素晴らしい代物です。

そして、塗料選定。

そこらへんのホームセンターでも販売しているDIY商品の塗料を使用して弊社では塗装致しません。

木部用塗料も何社かの塗料メーカー様がございますが、ほとんどの塗料で、実験塗装と施工経過観察を行いました。

あるメーカー様の塗料は3年で色褪せました。

あるメーカー様の塗料は2年で剥がれました。

あるメーカー様の塗料は3年で変色致しました。

申し訳ないのですが、私は塗料メーカー様の仰ることをすべて信用しないタイプなのです。

私が人一倍心配症ですから、テスト施工と経年劣化を確認しないと使用したり、ご提案など致しません。

また、現在まで使用してきた塗料も、またまた仕様変更し、塗料やカタログに記載されている内容とは一味といわず二味違う内容をプラスして施工しています。

テスト施工して、お客様に確認していただきました。

下側が研磨済み。

上側が研磨施工前。

研磨状況も素晴らしいでしょう?

実はものすごく大変だったんですよ(#^.^#)

研磨しているのは、代表の川田です。

職人任せの施工は気に入らないのです( *´艸`)

しんどい内容こそ、私が責任をもって施工する!

それもポリシーの一つです。

他の施工前状況はこちら

入念なすべての研磨が終わってからは、いよいよ塗装を致しました。

施工後はこちら。

玄関は交換されるとのことで、今回塗装はしておりません。

今回実は3色使用となりました。

お客様ご自身もすべて検査してくださり、気になる部位は徹底的に確認してくださいました。

せっかくの工事ですから当然ですよね。

見違えるほど素敵な装いとなりました。

香川県内も、個人でしている個人事業主さん、施工会社で請負、施工している職人さんも多くいらっしゃいますが、、

その中でも、弊社をお選びくださり、弊社へご用命くださいましたこと。

心より深く感謝し、心より厚く御礼申し上げます。

 

 

香川県高松市高松町アパート塗装

香川県高松市高松町アパート塗装。

弊社のエリアである、高松市高松町にて、

アパートの塗装。

階段の防水工事。

開放廊下の防水、開放廊下の防滑シートを

施工させていただきました。

元々、管理会社さんにて、メンテナンスを

お願いしてきたそうなのですが、今回より

良い施工をしてくれる業者探しをしていた

そうで、弊社へご用命くださいました。

鉄鋼階段は、上部からの漏水が原因で、

随分と劣化が進んでおりました。

どうしても劣化が著しい部分は、溶接処理

で補強致しました。

以前までの、『ただの塗装工事』では、

また早期の著しい劣化となりますから、

せっかく弊社へお声がけくださったの

ですから、徹底的な修繕を行いました。

上部からの漏水を止める為、止水処理に

加え、防水工事も行いました。

そして、開放廊下部分に関しましては、

防滑シートを新規で施工。

デッキプレート部分は、入念な研磨処理後

に、防錆処理及び弱溶材2液形シリコンで

塗装致しました。

今後も経過観察しながら、経年劣化を

確認してまいります。

この度は、弊社へご用命くださり誠にありがとうございました。

心より深く感謝し、心より厚く御礼申し上げます。

香川県アパート塗装は川田建装へ

高松市アパート塗装は川田建装へ

香川県アパート外壁塗装は川田建装へ

高松市アパート外壁塗装は川田建装へ

お気軽にご相談くださいませ。

お問合せは087-844-2998

となります。

香川県でマンション塗装工事に着手

香川県でマンション改修工事に新規着手致しました。

香川県高松市にある建屋のマンションです。

香川県内のマンションオーナー様からのご用命となり、弊社のご提案が最も信頼性のある内容だったとのことでした。

築年数も経過していることから、各所経年劣化が著しい状態となっています。

一つ一つ、確認しながら修繕していってます。

「下地処理が大切」ですからね。

高圧洗浄時

バルコニー部分に、過去何十年も放置されていた部材の撤去や、植木なども処理致しました。

勿論、足場仮設前は、生え茂っていた草や木の伐採や撤去もしています。

環境整備を整えることが、元請け業者として当然のことですからね。

現在は下地の改修を進めています。

各所の既存シーリングの撤去も同時に進めています。

シーリング工事も自社で行っている弊社です。

コンセプトは、手抜きなく品質重視で行えること、そして発注者様がコストダウンできることがテーマです。

コロナ禍している現在、ほぼ三蜜とはならない外部作業ですが、

やはり自社でコロナ感染者を出すわけにはいかない。

というのが現状です。

うつらない。

うつさない。

これが今後のマナーとなります。

弊社でも、敷地がある工事物件では、お客様の了解を得てから仮設トイレを設置しています。

共有するお手洗いでは、細菌が多くなります。

この仮設トイレは、現場作業する人のみが使用できるようにしていることで、

感染リスクを低くします。

一日に数回消毒することで、常に清潔な状態です。

扉の取っ手、鍵、扉を開閉する部分などは、特に徹底して除菌しています。

マスクは作業員すべてに配布。

消毒液もスタッフ全員に持たせています。

入居者様へのマナー、第三者様へのマナーとしても、今後重要になってまいります。

新規着工してまだ一週間ですが、引き続き「安全第一」で施工してまいります。

香川県高松市花園町にて防水-高松市防水工事

香川県高松市花園町にて防水-高松市防水工事。

以前より、弊社へご相談くださり、ご用命くださいました。

過去に親御様が他社にて防水工事をされていたのですが、いたる部位へ浮きや破れが発生していました。

バルコニーの既存露出防水は、加硫ゴムシートが施工されておりました。

また、屋上陸屋根はアクリル系塗膜防水材が塗布されておりましたが、塗膜が薄く駆体のクラックが目立つ状態でした。

今回バルコニーの施工としましては、同様な加硫ゴムシートを施工するのではなく、既存ゴムシートを撤去し、ウレタン塗膜防水X-1工法で施工致しました。

屋上陸屋根に関しましては、下地処理を行い、ウレタン塗膜防水X-2工法で施工です。

過去の施工は、既存アルミ笠木を脱着せずに施工しており、排水ドレンも改修用ドレンが取り付けられておりませんでした。

意味のない内容な施工をされると、損をされるのはお客様ご自身です。

今回はプロの施工としてご提案から施工となりました。

屋上施工前

施工後

プロセスは、既存笠木を一旦取外し、

全面の下地処理。

研磨処理を行い、不陸調整。

改修ドレンを取付。

X-2工法はクロスメッシュを張り込みます。

全面へウレタン塗膜防水を3層施工後。

全面へトップコート。

ストレーナーも取付完了。

既存アルミ笠木復旧して、陸屋根は施工完了です。

バルコニー部は既存ゴムシート撤去。

全面に下地処理

その後は通気緩衝緩衝シート施工

各所細かい雨仕舞いを行いながら、ウレタン塗膜防水を施工。

施工完了。

業者選びをされる際、どの業者へ依頼したら良いか?

を、悩まれたと思います。

防水工事は通常漏水保証が10年です。

防水メーカー様

施工店の連名保証。

適正な施工が行えていれば。

ですが、やはり大切なのは、

P=施工計画

D=施工

C=施工中の確認

A=確認したことを改善しながら施工

このPDCAサイクルを繰り返し行いながら、高品質な施工となるよう努めることが大切です。

最後に、この度は弊社へご用命くださり誠にありがとうございました。

心より深く感謝し心より厚く御礼申し上げます。

香川県木田郡三木町にて外壁塗装

香川県塗装・香川県で外壁塗装なら川田建装へおまかせください。のこと

香川県木田郡三木町にて外壁塗装。

以前より弊社へご用命くださっておりました、香川県木田郡三木町のお客様物件の外壁塗装を施工させていただきました。

某ハウスメーカー様で建築されておりましたが、弊社へお声がけくださりました。

既存シーリングの打ち替えを行い、各社クラック(ひび割れ)の処理。

周辺の意匠と合わせてパターン調整も行いました。

また、既存塗膜との相性を確かめた下塗りを選定し、上塗りは超高耐候性無機塗料で塗装させていただきました。

こちらは施工完了。

破風や雨樋などの付帯部も、しっかりと細かく施工致しました。

工事期間中は、とても細かくご協力くださりとても有難い限りでございます。

この度は弊社へご用命くださり誠にありがとうございました。

心より深く感謝し、心より厚く御礼申し上げます。

 

香川県高松市新田町リフォーム工事完工

香川県で塗装・香川県塗装なら川田建装へおまかせください。

香川県高松市新田町にて外装工事、内装工事を施工させていただきました。

内容は、

・外壁塗装

・屋根塗装

・過去に他社にて塗装されていた施工不良部位の各所下地改修

・シーリング

・バルコニー防水及び防滑シート

・内装工事として、トイレ交換及びクロス貼替。 1dayリフォーム

・玄関扉や枠のリフォーム 1dayリフォーム

となります。

弊社から車で3分ほどの場所にあるお客様物件。

数年前より弊社へお声がけしようかと思ってくださっていたようです。

地域密着とは、地域の方々より必要とされ、地域の方々のお困りごとや悩まれていることを解決できる存在。

だと、私は平素より感じています。

過去に他社にて改修工事をされていて、業者の良し悪しをすごく理解されているお客様。

そのような方より、弊社へご用命くださることは誠に光栄なことでした。

様々なご要望にお応えでき、私どもも良かったと感じています。

また、行うことすべてに感謝してくださることが、施工している私どもが最も嬉しいことでした。

外観施工完了

【すべての施工はお客様の笑顔の為に】

目先のお金も大切です。

しかし、やはりお客様が喜ばれることが、川田建装は最も大切です。

この度も最高の喜びを感じていただけなによりです。

最後に、お客様より頂戴したお客様の声です。

この度は弊社へご用命くださり誠にありがとうございました。

心より深く感謝し、心より厚く御礼申し上げます。

香川県高松市田町にて某ビル防水工事

香川県高松市田町にて某ビル防水工事を施工させていただきました。

ビルオーナー様からのご用命となりますが、コンセプトは漏水を止めることでした。

業者選びの際に、失敗のない工事内容を行ってくれる業者の選定が、

とても重要だったと感じました。

既存露出防水層は経年劣化しており、浮きも見受けられました。

端末は劣化が著しく、弱点となる部位があった為、漏水の原因となっていました。

施工前

施工後

今回の施工は、塩ビシート機械的固定工法を選びました。

手摺天端や立上りなどは密着工法を選び、端末は先付金物で熱融着する為、端末からの雨水浸入が今後

心配のない施工となりました。

ペントハウス上部は、ウレタン塗膜防水のX-2工法での施工。

出入り口の鋼製建具のズレが生じていた為と、劣化が著しいことも考慮して、

アルミ建具へ交換と、鋼製枠をアルミでカバー致しました。

施工前

施工後

各所施工完了状況です。

よく加硫ゴムシートや塩ビシートでも、端末の金物で外付け押えしていますよね?

あの施工は上からの天打ちとなり、先で弱点となりますから注意が必要です。

下の画像で見ていただくと、金物が見えないですよね。

これが適正な防水です。

県内でも多くの業者さんや職人さんがおられます。

しかし、施工する金額での手抜き工事や、元々経験の少ない無知な方が施工したレベルの低い施工。

難しい施工も実現する職人ではなく、自らが楽で早い施工をしたがるDIYのような内容を行う素人では

内容が違ってまいります。

なかなかこのような内容は、お見積書やご提案書では見抜けませんが、今後の参考にしてくださいませ。

雨漏り調査-雨漏り修繕-雨漏り修理 香川県で雨漏りは雨漏り119高松店

雨漏り調査-雨漏り修繕-雨漏り修理 香川県で雨漏りは雨漏り119高松店

 

雨漏りや漏水修理に全力で挑んでおります、香川県高松市の

雨漏り119高松店川田建装です。

原因が分からない、、、
雨漏りを解決したいと悩まれておられる方、
お困りの方は弊社へご相談くださいませ。

県内全域が対応エリアです。

香川県内で、どのようなジャンルの雨漏りも解決できるのは、
雨漏り119高松店だけだと自負しています。

 

香川県内も様々な建物で、様々なケースで雨漏りがございます。

住宅でも新築時より10年以上雨漏りが止まらない。

永く困ってらっしゃった方もおられ、新築時より32年間雨漏りしているなど。

勿論、経年劣化が原因での雨漏りもございます。

と申しましても、間違えてはいけないのが、目視で分かる部位だけが

雨漏りの原因ではないということです。

簡易的に止めれる雨漏りもございますが、ほとんどといってよいほど、

内部に原因があるといっても過言ではないです。

抜本的解決しないと早期に再発致します。

その為には、構造から素材、2次防水となる雨仕舞部分。

1次防水部の二重の雨仕舞のメカニズムを理解していなければ、修繕や

修理など行えません。

【構造】

・RC造 SRC造 PC造 S造

・木造(W造) 2×4

【素材】

・各種瓦や屋根材下の雨仕舞

・サイディング板 壁内や窓周辺の雨仕舞

・ラスモルタル内の雨仕舞

・ALC板の雨仕舞

・陶磁器タイル下の雨仕舞

・コンクリート端末などの雨仕舞

業種によって理解している範囲が異なり、もし少しでも弱点

があると雨漏りや漏水は再発してしまいます。

【よくある再発事例】

・ただの塗装屋さんが来て、シール(コーキング)を擦って終わり

・屋根業者さんが下屋根絡みの雨漏り修繕を行い再発した

・板金業者さんが屋根をカバー工法したが弱点まで理解していなかった

・大工さんが何かしたが、全く修繕できていなかった

・ただの塗装屋さんが塗装や防水したが再発した

・瓦を葺き替えしたが再発した

・塗装してから雨漏りしだした

上記だけでもほんの一部の事例です。

では何故再発や雨漏りしたのか?

それは簡単なことです。

その部分が原因ではなかった。

その修繕という内容が、ただの補修だったからです。

雨漏りは、雨水の浸入部が一カ所だけとは限らない。

通常の雨量が少ないシトシト雨時と、

強風を伴った相当量な雨水が叩きつけてきた時と、

風向きによっても、弱点があれば雨水が浸入してしまうのです。

台風だから雨漏りするのは仕方ない???

そんなことは関係ない。

どんな条件下の中でも雨漏りを再発させない修繕をすることが、

『雨漏り修繕なのです』

雨水が浸入すると、構造が傷みます。

構造が傷むと、建物が弱くなります。

素材が腐食致します。

雨時に気になって平常ではいられません。

『失敗のない 失敗など許されない雨漏り修理』

何度も高額な費用もかけたくありません。

発注者様も受注側も…..

一度に絶対的な解決を望まれるなら。

雨漏り119高松店へご相談くださいませ

雨漏り119高松店 店長 川田 郁恵

 

ではここで、雨漏り119高松店がどのようなスキルなのかご紹介致します。

まず雨漏り119とは広島県に本部拠点を置き、全国に加盟店がある

全国ネットワークの団体です。

この団体の理念は、

『雨漏りに困っている人を第三者的立場で救うことで個の成長を高めあい

団体の成長に貢献し、社会問題の解決を図ることを目指します』

とい理念の元活動しています。

そしてさらにはCostomer Satisfaction=お客様満足

雨漏り119をご利用の方々に『本当にありがとう』

と喜んでいただくことが目的であり、困ってらっしゃる方から選ばれる

団体を目指しています。

また、世の中より雨漏りがなくなれば、この団体は解散致します。

弊社は高松店として活動しており、香川県内の一般の方や法人様、

建築事業者様や設計事務所の方、建築事業者様よりお声がけくださり調査並びに

修繕に努めております。

現段階では解決率100%!!

原因を特定し、抜本的解決に至るまで、雨漏り119高松店は調査及び修繕まで行います。

2017年と2018年雨漏り119全国会議では、弊社高松店を表彰して

くださいました。

 

 

2017年はベストテクニカル賞

最も技術が高かった調査や修繕を行ったという面での表彰でした。

 

ベストリポート賞は、報告書の作成等での表彰でした。

全国の有志達の中で選ばれることは嬉しいことでした。

 

 

当店の実績と致しましては、築40年経過したRC造の建屋。

漏水箇所は10ヶ所といわず、過去にメンテナンスされた業者さんでは解決でき

ませんでした。

スーパーゼネコン様で建築されております当物件。

コンクリートは綺麗でしっかりとしたコンクリートが打設されていました。

しかし、各所端末の雨仕舞が不十分だったこと、陶磁器タイル下の

雨仕舞も不十分だったことが最大の要因でした。

平素より雨漏り119のスタイルとしましては、調査を行い原因を特定して

から修繕を行いますから、各所原因が様々な部位を入念に調査してから修繕

致しました。

2年と半年が経過した現在でも再発はなし。

すべての雨漏りが止まりました。

 

S造 壁面素材はALC板

室内へ漏水するとのことで、某企業様よりご依頼いただき、

雨漏りの調査をさせていただきました。

こちらもゼネコン様が建築された物件。

過去に修繕やメンテナンスをされておりましたが、原因を特定できず、

弊社が調査をさせていただきました。

すべて漏水のメカニズムを見える化し、修繕のご提案をさせていただきました。

 

こちらもRC造のマンション。

他県にお住まいのオーナー様より、調査と修繕依頼を頂戴致しました。

壁面は陶磁器タイル。

管理会社さんは、調査の方法が分からない為、他社塗装業者へ

見積り依頼して、陶磁器タイルのうえに防水塗装を施す提案を

していたようです。

それにしても高額のお見積り・・・

陶磁器タイルのうえにカチオン材を塗布してから防水塗膜を塗装・・・

理屈は理解できますが、陶磁器タイルのうえへの塗装は、膨れや剥がれなど

のリスクを伴う為、勿体ない工事。

例え剥がれや膨れが生じてきた際に、保証などできないはずです。

当店としましては、下見の段階でおおよそな原因を考察していましたが、

やはり足場仮設を行ってから調査をしないと特定には至りません。

やはり調査すると、ずばり原因を特定。

そこから修繕致しました。

勿論、素人が行う修繕ではないですよ。

たとえば、シールを擦る。

陶磁器タイルのうえから塗装するなど致しません。

原因がある部位のみ斫り、既存タイルを撤去します。

スタッフと一緒に斫り作業を行い、原因部分を確かめていきます。

このような作業も自社施工です。

外注で業者さんに頼むと、斫り施工で躯体を傷める可能性がある為です。

きつく…

しんどい作業の斫り…

しかし、このような作業でも慎重に、丁寧な施工が必要なんですよね。

各所入念な二重三重の雨仕舞を行い、新規タイル貼り。

雨漏り修繕完了です。

よくある再発事例は、雨仕舞をせずにタイルを接着剤で貼ると止まる?

という考えで施工している方は、再発のリスクありですよ。

 

またまたS造

商業店舗様の雨漏り修繕です。

S造なのに既存床はデッキプレートではなく合板。

各所箱樋や端末の雨仕舞が悪く、、、

お客様からはコストを抑えてほしいということで、上貼りでの合板

新規防水を施工。

新規箱樋取付、各所端末の雨仕舞。

笠木は二重笠木を取付、施工完了です。

4年経過した現在も再発なしでございます。

 

RC造のうえに木造という混構造。

過去に何度も足場を仮設して修繕したが再発するという案件でした。

設計事務所様や、建築された事業者様、お身内様の防水屋さん、雨漏りなんとか

というネットで調べた業者さんは、いたる部位に水をかけたが分からず…

散水もマニュアルや時間、順番、向き、そして構造が理解できる方でなければ、

する意味がないのです。

原因は複雑でした。

10か所以上の浸入口があり、風向きや雨量によって雨水が浸入する場所が違う

という内容でした。

漏水部は1ヵ所なんですがね…

混構造ということもあり、新築時に入念な雨仕舞をしていなければ、こうなります。

屋根の葺き替え

と、この上記写真で施工の間違いが発生していたのです。

分かりますか?

施工管理している店長が発見し、施工しなおしました。

再発などできませんからね。

屋根の葺き替え後は、一部壁面を剥がして雨仕舞。

各所端末の雨仕舞を行いました。

そして防水。

手摺壁は新規防水モルタル下地を造り。

塗膜防水材を施工。

長年漏水があった問題がすべて解決致しました。

 

こちらは木造ラスモルタル下地。

某ハウスメーカー様が建築されていた物件。

長年原因分からなかったという案件でした。

勿論調査を行い、修繕となります。

既存ラスモルタルを解体。

一般の業者さんは、このようなことを考えずに表面でなんとかしようと

しますが、過去に何度もしているので、発注者様も内容をとても理解され

ておられました。

新規フエルト、ダブルラスを施工。

ただこれだけではないですよ。

この前に、こちらには綴れない雨仕舞をしっかりしています。

その後新規軽量モルタル塗りのうえ、塗膜防水塗膜塗りで完璧です。

施工後再発はなし。

 

こちらも木造。

某ハウスメーカー様が建築されています。

既存サイディング板を剥がすと、透湿防水シートがない

新規雨仕舞を行い、

新規サイディング施工。

他板金工事や、塗装、シーリングなどの施工を行い再発なし。

 

また、別物件での木造。

瓦を撤去し、昔の紙を剥がすと野地が傷んでおりました。

下地補強をしてから改質アスファルトルーフィング施工。

この物件では陶器瓦で施工致しました。

 

こちらも木造。

某ハウスメーカー様建築です。

ガルバリウム鋼板でのカバー工法と致しました。

新規ルーフィング施工。

新規ガルバリウム鋼板葺き

壁面も一部カバー致しました。

まだまだたくさん施工事例はございますが、一部抜粋でのご紹介でした。

 

そして最後に、NHK高松放送局様より、取材のご依頼がございました。

2016年6月での内容です。

以前ゆう6かがわで、気象予報士をされていた中島望様よりお声がけを

頂戴した次第です。

内容は、6月11日が雨漏り点検の日と制定されている明日に合わせ、

弊社高松店にお声がけ頂き、雨漏り点検の重要性と必要性を、一般の方に

知って頂きたいということをお伝えする内容でした。

因みに、、雨漏り点検の日とは、全国雨漏検査協会が1997年4月に制定。

この日が雑節の一つ「入梅」になることが多いことから始まったそうです。

8日水曜日にNHK高松放送局様社屋にて、簡単なお打合せをさせていただき、

10日午前10時より2時間の撮影となりました。

緊張のあまり、私自身が大汗で雨漏りしている状態でしたが、、、

無事撮影も終わり、10日18時10分より、ゆう6かがわにて放映となりました。

このような放映を経て、雨漏りに困られている方々に、我々の存在を

知って頂き、お力になれれば幸甚に存じます。

現在香川県内も、もう少しで梅雨時期にも入り、これから台風シーズンとなって

まいりますから、雨漏りが懸念されます。

雨漏りには必ず原因がございますので、お悩みの際は、お気軽にご相談くださいませ。

私達が必ず雨漏りをとめてみせます。

この度はNHK様よりお声がけ頂き、とても光栄に思いますと共に貴重な

経験ができましたこと心より嬉しく思います

中島望様とのスリーショット

とても素敵な方でした!

香川県雨漏り調査-雨漏り修繕-雨漏り修理

香川県で雨漏りは雨漏り119高松店

香川県雨漏りは雨漏り専門家におまかせくださいませ。

 

お客様アンケート/お客様の声

お客様あっての川田建装。

有限会社川田建装、建装リフォーム、

雨漏り119高松店は、地域に必要とされる

会社経営に努め、お客様の立場となり、

日々業務に精進しております。

この度、弊社社屋より3分ほどの距離に

ご自宅のあるお客様宅で、内装工事、

外装工事を施工させていただきました。

そして、工事完工後にはとても有難い

お言葉が綴られた、お客様の声を頂戴

致しました。

業者を見下すこともなく、施工している

内容が当たり前のことだとも思わず、

施工中もすべての施工に感謝してくだ

さり、工事完工後もこのような有難い

お言葉が綴られたお客様の声を拝見すると、

私どもも施工させていただけて良かった

と、改めて感じております。

この度は弊社へご用命くださり、誠にあり

がとうございました。

心より深く感謝し、心より厚く御礼申し

上げます。

これからも地域に根付き、日々真面目に

コツコツと精進してまいります。

香川県高松市に限らず、県内全域で外壁塗装

屋根塗装、防水工事、雨漏り調査、雨漏り

修理、内装リフォーム、水回りのリフォーム

屋根葺き替え、板金工事、雨樋の交換など。

有限会社川田建装、建装リフォーム、

雨漏り119高松店へお気軽にご相談ください。

マンション室内塗装/香川県マンション塗装

大型連休中。

新型コロナの影響で、自粛されている

ことでしょう。

そんな中でも、平素より何度もお声がけ

くださるマンションオーナー様所有物件

の室内塗装をさせていただきました。

住まわれていた方が退去され、新しい

方が入居される前のメンテナンス工事です。

浴槽やトイレも交換されて綺麗。

塗装を施しリフレッシュ致します。

施工前

マンション室内塗装施工前

このような工事、安く請負ことは大切で

すが、安かろう…悪かろう…

な工事が多いんですよね。

せっかくされるのだから、、

新築のような出来栄えにできてこそ

プロなのではないかと、常に思います。

施工後

マンション室内塗装施工後

マンションオーナー様からも、お褒めの

お言葉を頂戴致しました。

『いつも素晴らしい仕事をありがとうございます』

私も気持ち良い心となります^ ^

この度、他社さんのクロス工事が雑で、

今後弊社へお声がけくださると仰って

いただけました。

有難い限りでございます。

日々真面目にコツコツと。

目先のお金欲しさな雑なご提案や施工で

はなく、しっかりとした施工を今後も

継続してまいります。

香川県でマンション塗装や、マンション

室内塗装。

香川県でアパート塗装や、アパート内装

塗装や内装工事など。

お気軽に川田建装へお声がけくださいませ。

登録建設基幹技能者/キャリアアップレベル4


登録建設基幹技能者

登録建設基幹技能者とはなんだろう?

その内容からご紹介していきます。

基幹技能者
建設工事で生産性の向上を図り、品質、コスト、安全面で質の高い施工を確保するためには、

現場で直接生産活動に従事する技能労働者、とりわけその中核をなす職長等の果たす役割が重要です。

基幹技能者は、熟達した作業能力と豊富な知識を持つとともに、現場をまとめ、効率的に作業を進める

ためのマネジメント能力に優れた技能者で、専門工事業団体の資格認定を受けた者です。現場では、

いわゆる上級職長などとして、元請の計画・管理業務に参画し、補佐することが期待されています。

登録基幹技能者制度
基幹技能者制度は、平成8年に専門工事業団体による民間資格としてスタートしましたが、平成20年1月

に建設業法施行規則が改正され、新たに「登録基幹技能者制度」として位置付けられることになりました。

同年4月以降に国土交通大臣が登録した機関が実施する登録基幹技能者講習の修了者は、登録基幹技能者

として認められ、経営事項審査においても評価の対象となりました。

登録基幹技能者の資格要件
登録基幹技能者講習を受講するためには、次の要件を満たしている必要があります。
・当該基幹技能者の職種において、10年以上の実務経験
・実務経験のうち3年以上の職長経験
・実施機関において定めている資格等の保有  (1級技能士、施工管理技士等)
登録基幹技能者の役割
登録基幹技能者は、現場において次のような役割を担っています。
(1)現場の状況に応じた施工方法等の提案、調整等
(2)現場の作業を効率的に行うための技能者の適切な配置、作業方法、作業手順等の構成
(3)生産グループ内の技能者に対する施工に係る指示、指導
(4)前工程・後工程に配慮した他の職長との連絡・調整

概要と説明は上記となります。

いわば通常の1級技能士をまとめ、陣頭指揮をとる役割と能力がある人材が、

『登録建設基幹技能者』となります。

この資格は誰でも取得しているわけではなく、限られた人材だけとなっています。

私の取得している1級塗装技能士資格

そして通常の技能者をまとめ、陣頭指揮をとる立場の資格が登録建設基幹技能者

このマークをヘルメットなどに貼っています。

県内でも、技能者すべてが保有しているわけではなく、限られた人材のみ

取得しています。

技能者はたくさんおりますが。

 

そしてキャリアアップシステム。

内容を簡単に抜粋してご説明。

国土交通省は、2019年4月から始まる建設技能者のデータベース「建設キャリアアップシステム(CCUS)」

の本運用に併せて、個人を識別するICカードを各技能者に配布する。カードは、保有者の技能レベルに応じて

金、銀、青、白の4色に分ける。

レベル分けの基準は、専門工事業団体などが工種ごとに設定する。国交省が能力評価制度の枠組みを示した告示と、

レベル分けの詳細なルールを示したガイドラインを18年度内に公表する。

建設技能者の能力評価制度の概要

建設キャリアアップシステムに蓄積された就業履歴や保有資格を基に、技能者の能力を4段階で評価する

同省が3月6日に開いた「専門工事企業の施工能力の見える化等に関する検討会」で、CCUSの情報を活用

した技能者の能力評価制度と専門工事会社の施工能力評価制度について評価基準や運用スケジュールを示した。

技能者の能力評価制度では、CCUSに蓄積された就労履歴や保有資格を基に、技能者を4段階でレベル分けする。

国交省は4月から、工種ごとに作成した評価基準の申請を専門工事業団体などから受け付ける。

基準が認定された後、技能者が専門工事業団体に能力評価を申請すると、4段階のレベルに応じて色分けされた

ICカードが交付される。

CCUSを運用する建設業振興基金は18年4月から登録申請を受け付けているが、評価基準の認定が行われていない

現在は、レベル4に相当する登録基幹技能者と、レベル1として扱われるその他の技能者の2種類に分けてICカード

を交付している。レベル3またはレベル2に該当する技能者は再度、カードの交付を申請する必要がある。

「建設キャリアアップシステム」を活用した技能者の能力評価制度の枠組みを検討する

という上記内容で進められ、導入されていっています。

私も上記内容に沿って申請し、無事に最高ランクのレベル4を取得。

ゴールドカードです。

・レベル1は見習い

・レベル2は一人前の技能者 1級技能士や2級技能士等

・レベル3は職長レベル 1級技能士

その上がレベル4という位置づけです。

一般の方までなかなか知らない資格もあるということで、今回こちらに綴りました。

 

塗装業者や塗装会社のレベルは、どこも同じではございません。

まして施工する職人のレベル。

請負する施工管理者のレベルもどこも同じではござません。

香川県塗装業者。

香川県塗装会社なら有限会社川田建装へお任せください。

https://www.kk-kawadakensou.com/

トイレのリフォーム

香川県内でトイレのリフォームをご検討の方は建装リフォームへお任せください。

香川県高松市新田町にて、外装全般のリフォーム工事、内装のリフォームを施工させていただきました。

商品のトイレは、弊社建装リフォームのショールームに展示していた商品で、外装リフォームをされる方には、特別価格で販売させていただいておりました。

そんな中、この度の工事となり、お客様にとってはとてもお得なお買物となりました。

施工前

トイレリフォーム 施工前

トイレリフォーム 施工前

トイレリフォーム施工前

トイレリフォーム施工前

元々換気口もなかった為、今回新規で換気口も設けるようになりました。

24時間換気取付

24時間換気取付

24時間換気を新規で取付致しました。

外部もしっかりと換気フード取付。

換気フード取付

換気フード取付

長年使用したお手洗い部分の、天井や壁、床のクロスなども気になりますよね?

せっかくの工事ですから、すべてリフォーム致しました。

施工後

トイレリフォーム 施工後

トイレリフォーム 施工後

トイレリフォーム 施工後

トイレリフォーム 施工後

トイレリフォーム 施工後

トイレリフォーム 施工後

トイレリフォーム 施工後

トイレリフォーム 施工後

トイレリフォーム 施工後

トイレリフォーム 施工後

トイレリフォーム 施工後

トイレリフォーム 施工後

先だって換気口の取付は行っておりましたが、トイレの交換も含めた全般的なリフォームは、1dayリフォームです。

まるで新築時の装いに様変わり。

お客様である奥様が喜んでくださりなによりです。

 

 

香川県で塗装/香川県で塗装なら

香川県で塗装。

香川県で塗装なら川田建装へお任せください。

香川県木田郡三木町での施工物件。

現在は無機塗料 上塗りを塗装中です。

シーリング工事を終え、

下地処理部を分からなくする為の、パターン

調整を行い、

その後下塗り。

現在無機塗料の上塗り1回目を塗装中。

超高耐候性超低汚染無機塗料。

現在の世の中ではハイスペックな塗料と

なります。

しかし、高級塗料を活かすには、適正な下地

処理が重要なこと。

そして、希釈量や塗布量を遵守し、塗り重ね

時間を遵守しながら塗装する。

塗り残しがないこと、塗料飛散がないこと、

塗りムラや塗り残しがないことを、実際施工

しなが施工管理を行うことが大切です。

弊社では、代表自らが現場で施工し、施工

しながら施工管理致します。

国や県、市町の検査仕事、スーパーゼネコン

様の検査を受けてきた実績のある私の検査

及び施工ですから、相当細かいです 笑

引き続き、安全第一で施工を行なってまいり

ます。

新型コロナへの対策/川田建装

国内に限らず、世界全土へ蔓延した、

新型コロナ。

香川県内でも感染者が増えてまいりましたね。

弊社での取組として、平素からマスク着用。

勿論現場作業中もマスク着用。

 

マスク着用で作業

内装作業でもマスク着用

内装作業でもマスク着用

マスクは大切です。

コロナ対策 マスク

お客様との接触時やお名刺交換などの際には、手を消毒しています。

コロナ対策 消毒

自身やスタッフの体温管理も徹底。

コロナ対策 体調管理

コロナ対策 体調管理

お客様が来店時には3密とならないように

しています。

また、除菌シートも準備。

コロナ対策 ショールーム

できる対策は行っています。

個人個人の対策と予防で、感染リスクは激減

致します。

自らも、仲間も、家族も、お客様も、

すべての方々が新型コロナに感染しないよう

心の底から願います。

やはり健康であることが、1番幸せなこと

ですから。

皆さまも、手洗い・うがいの徹底。

マスクなどをして感染予防してくださいませ。

キッチン・浴室・水回りリフォーム

キッチン・浴室・水回りリフォームは建装リフォームへお任せください。

香川県内でもたくさんの業者さんがおられます。

その中でも、弊社は外装・内装の施工店であり、施工だけではなく施工管理も入念に行えます。

香川県高松市でキッチンや浴室、さらに水回りなどのリフォームは、建装リフォームへご相談くださいませ。

高松市に限らず、県内全域が施工対応可能エリアです。

さて、この度香川県高松市郷東町で、マンションにお住まいのお客様からのお声がけを頂戴致しました。

内容は、キッチンを新しくされたいとのこと。

さらに浴室も新しくされたいとのご要望でした。

キッチン施工前

キッチン施工前

浴室施工前

浴室施工前

弊社では世界の○○様との、直接なお取引がございますから、メーカー様とタイアップして施工致しました。

施工後

キッチンリフォーム施工後

キッチンリフォーム施工後

キッチンリフォーム施工後

キッチンリフォーム施工後

キッチンリフォーム施工後

キッチンリフォーム施工後

浴室リフォーム施工後

浴室リフォーム施工後

浴室リフォーム施工後

浴室リフォーム施工後

どちらも、高級感溢れる素敵なキッチンと浴室に様変わりです。

香川県内でリフォームをご検討の方は、建装リフォームへご相談くださいませ。

お問合せは087-844-2998となります。

玄関リフォーム/玄関扉や枠

香川県内でリフォームは、建装リフォームへお任せください。

香川県高松市新田町にて、外装リフォームを施工させていただいた物件です。

玄関リフォームとして、既存アルミ扉及び枠のリフォームを施工させていただきました。

アルミ素材も、経年劣化してくると表面へ傷みが発生してまいります。

玄関リフォーム 川田建装

玄関リフォーム

玄関リフォーム 川田建装

玄関リフォーム

鍵も壊れていたり、ガタつきもある為、

今回リフォームをご希望されました。

こちらが施工完了

玄関扉枠リフォーム

玄関リフォーム

玄関扉枠リフォーム

玄関リフォーム

玄関扉枠リフォーム

玄関リフォーム

新規アルミ素材で施工。

衣装やデザインも変わり、

立派な玄関へと様変わりです。

ほんと立派なお玄関ですね!

お客様は大満足!

私どもも大変嬉しくなりました。

1日で工事も終わります。

良ければ皆さまもどうぞ^_^

ポータルサイト/紹介サイト/比較サイトについて

ポータルサイト/紹介サイト/比較サイトについて

ポータルサイトや紹介サイト、比較サイトは、皆さんご存知でしょうか?

IT業者さんが運営している内容で、インターネット検索していると、

・厳選された業者さんを登録していて、優良な業者さんを紹介します。

・仲介料がなくなり安くなった。

・一括見積りなので3社ほど紹介します。断ることも代行なので安心。

など。

お見かけすることがあると思います。

弊社でも、以前は数社登録しておりましたが、今はお付き合いで1社のみ登録しています。

しかし、そろそろ辞めようと思ってもいます。

何故なら、責任ある業者さんとの相見積りではなく、目先のお金のみ重視している会社さんとの相見積もりとなる為、弊社ではとにかく無駄な時間となる為です。

紹介料、仲介手数料がいらない?

いえいえ、紹介料はお客様とのご契約金額より10%から15%お支払いが発生致します。

例えば100万円のご契約金額より、工事完工後に10%ですから10万円お支払いするようになります。

施工業者から運営会社へのお支払い。

費用を出されているのはお客様なのです。

現場調査を行なった際の料金まで請求がくるサイトもございます。

現場調査紹介手数料として。

そして、そのような環境で、お客様へのご提案をし、他社が異様に安いのです。

中身として、安く受注したとしても、そこから10%から15%紹介料をお支払いするのですから、とんでもない工事金額で施工するようになります。

元々弊社でも最大限お値引きした中での相見積もり金額より下なんですから…

そうなってくると、考えられるのは安い塗料や資材を使用する?

塗装回数が不透明?

塗料を勝手にグレードを下げる?

シーリングが増し打ち?

下地処理は見える部分だけ?

など、工事完工直後は綺麗でも、先10年後はどうなっているかは、怖いですね。

以前運営されていた会社さんは、ほとんどといって良いほど、撤退されていたり辞められています。

が、また新たにポータルサイトや紹介サイトも出てきています。

たまたま施工している他社物件をお見かけ致しましたが、ダブルトーン仕上げとして目地部で1色、表面で1色使用して、2色使用して塗装する2色塗りを見ました。

使用塗料は1液シリコン樹脂塗料。

仕入れ金額は1缶1万円程度。

もしシーリング材の上に塗装していたもんなら、約1年も経過せずにシーリング表面の上塗料が割れてきます。

最低でも2液形シリコン樹脂で、弾性仕様でなければ長持ちしません。

サイディング板は特にです。

シーリング材にも種類があり、安い材料から高額な材料がございます。

以前、他社内容ですが、乾燥が早いシーリング材をサイディングに使用して施工したみたいで、数年で工事前に近いほど劣化していました。

こうなると、せっかく工事した費用が勿体なくなりますし、しない方が良かったと、悔やんでしまいます。

お選びになるのはお客様ですが、このような内容であることを、ご理解されると良いかと思われます。

香川県塗装のことなら

香川県で塗装のことなら川田建装へ

現在、香川県高松市新田町にて外装リフォーム、内装リフォームを施工中。

香川県木田郡三木町にて外装塗装リフォーム工事を施工中。

香川県高松市花園町にて防水改修工事。

香川県さぬき市にて外構工事、板金工事、電気工事を施工中です。

昨日は、香川県高松市内のマンションのオーナー様より、弊社へ外装のリフォーム工事をご用命くださいました。

弊社へご期待してくださり誠にありがとうございました。

さて、今回ご紹介する内容は、塗装できる状態と、塗装できない場合の修繕です。

現在施工中である香川県高松市新田町施工物件の内容となります。

過去に他社にて塗装工事をされていたのですが、塗膜の密着は悪く、剥がれがいたる部位に発生していました。

素材が木部とサイディングを合わせ貼りしている施工だったのですが、雨水浸入が合わせ部位にあることから、滞留した雨水が原因で、木部が腐食している状態でした。

木部腐食 川田建装

木部腐食

木部腐食

木部腐食 川田建装

木部腐食

木部腐食 川田建装

このような状態になると、塗装などできません。塗装を施したとしても、早期に剥がれが生じてしまいます。

因みに、呼んでもいない訪問販売業者は、これを塗装できる!

と言われていたそうです。

なんでもできます。

なんでもやります。

など、目先のお金しか考えてないですよね…

私としましては、腐食している部位は交換。軒天井内木部も補強致しました。

そして、塗装ではなくガルバリウム鋼板でのカバー工法とし、雨樋も交換致しました。

勿論、ただガルバを伏せるのではなく、雨仕舞いも考えた施工をしています。

本ブログ内容は、ほんの一部の施工事例ですが、、

塗装できない状態。

塗装しても良い状態。

塗装した方が良い場合。

などございます。

やはり大切なことは、施工する側の楽さよりも、お客様のことを考えた施工とご提案が大切です。

お客様が損をされるのではなく、

先で得をされる方が良いですから^_^

香川県高松市新田町にて外装リフォーム

香川県高松市新田町にて外装リフォーム施工物件。

シーリング工事は勿論のこと、外壁塗装、屋根塗装などが終わり、現在付帯部塗装を行なっております。

バルコニー床面は、端末の防水施工後、新規で防滑シートを施工致しました。

施工前

防滑シート施工後

とても高級感のある、素敵な仕上がりとなりました。

元々人工芝を敷いていたのですが、経年劣化してくると剥がれや、小さな破片だらけとなります。

今回施工した防滑シートは、滑らない。

耐久性、耐水性も優れた素材となりますから安心ですね。

川田建装のご提案は、良い施工を良心価格でご提供する内容です。

香川県木田郡三木町にて外壁塗装

香川県外壁塗装は川田建装へ。

香川県内でも数多くの塗装会社や個人事業主がたくさんおられます。

しかし、知識と技術の両方が備わっている方は、ほんの少しだと思います。

また、お客様の為と謳っていたとしても、実際の工事内容は不透明な業界です。

本当の話です。

自らが楽な作業や内容を選んだ施工内容ではなく、

本来必要な内容、お客様にご提案した内容で、

たとえその内容が手間暇かかったとしても、その作業や施工を遂行することが大切です。

パフォーマンスなどメッキのようなもの。

メッキが剥がれるとは、うまい例えですね….

 

さて、

香川県木田郡三木町にて外壁塗装。

新規工事に着手しております。

無機塗装・シーリング工事

香川県木田郡三木町にて外壁塗装。
無機塗装・シーリング工事

香川県木田郡三木町にて外壁塗装前の下地工事。

現在は既存シーリングの打ち替えを行なっております。

打ち替えとは、

既存シーリング材を撤去していきます。

撤去前

色が変わっているのが分かりますか?

これは、新築時に施工されたシーリング材の可素剤が、塗装している塗膜へ移行して発生するブリード現象という症状となります。

撤去後は、新規シーリングの充填を行うのですが、3面接着とならないように施工しなければなりません。

3面接着とならないよう施工するには、ボンドブレーカーという3面接着防止材を貼ります。

県内の業者さん。

改修工事の際は、しっかり施工されていますか?

3面接着となれば不具合が発生するリスクが高まります。

建物は常に動きがございますから、外壁も自然と動きがございます。

2面接着となることによって、建物に動きがあった際に、シーリング材の動きが制限されて、界面剥離や亀裂が生じてしまいます。

 

シーリングの打ち替えも、ただ撤去して新規充填すれば良いわけではないのです。

施工する速さや安さよりも大切なこと。

施工する本質は、なかなか見抜けません。

そういえば、私の故郷小豆島で訪問販売をし、荒らしていた業者が高松へ来たみたいです。

訪問販売業者だけは、絶対に発注されないでくださいね。

塗料を製造している業者だから、安く高級塗料で塗装できるという、全国規模の訪問販売業者も、別会社で名前を変えて営業されています。

現在は高松と徳島が拠点。

こちらも、結局は県内の業者が下請けをして施工していますから、品質は高くないでしょうね。

東かがわ市でも、2年で塗装が色褪せてきたという他社施工物件がございました。

激安施工会社が請負、下請けが施工したようです。

名前は伏せますが、、

下請け業者はホームページをこまめに更新している業者さんでした。

無知より怖いものはない。

いくら経営が長くとも、施工する内容や、施工に挑む姿勢が、目先のお金欲しさの施工となれば、自然と品質は落ちますよね。

目先のうまい話よりも本質を見抜いてくださいませ。

香川県塗装、香川県塗装業者は川田建装へ

香川県塗装、香川県塗装業者は川田建装へ

新型コロナが流行し、県内も感染者が増加してきています。

個人、個人の予防。

手洗い、うがい、

そして人との接触を減らして、予防していきたいですね。

弊社としましても、代表の私はもちろんのこと、スタッフみんながマスクを着用し、消毒しながら各現場にて作業しています。

これからさらに感染者が増加すると予測されます。

皆さまもお気をつけくださいませ。

さて、本サイトのブログ更新が滞ってまいりましたので、これから更新頻度を増やしていき、県内の皆様へ川田建装を知っていただきたく存じます。

改めて、代表の川田は、香川県内でも大手の塗装会社へ勤めておりました。

18歳の頃、2級塗装技能士を取得し、全国大会へ参加させていただきました。

スーパーゼネコン様数社との、お取引がある会社。

国・県・市・町の公共工事。

地場の建設会社様。

一般のお客様。

店舗工事。

様々な内容の工事に携わらせていただきました。

県立ミュージアムの新築工事や、徳島県の大塚美術館の新築工事などでは、とてもやりがいのある内容の塗装工事が経験できました。

現在栗林のハローズがあった場所には、元々ジャスコさんが当時あり、ジャスコさんからママの店というお店へのリニューアル工事の際には、スーパーゼネコン様の下で、職長として作業させていただきました。

当時20歳の時です。

工事所長や上司からのご指導の元。

とても勉強になる内容でした。

平成13年10月。

勤めていた会社の倒産。

ここから川田建装のスタートとなります。

最初は個人事業主でスタートし、途中法人へとなりました。

バタバタとした日々でしたから、一級塗装技能士を遅れて取得。

様々な経験と知識を活かし、現在へと至ります。

創業19年、様々なお客様より支えられ、現在の弊社がおります。

香川県塗装・香川県塗装業者なら川田建装へ頼みたい。

そのようになれるよう、今まで責任施工を行なってまいりました。

現在では、さらに高みを目指すと意気込み。

クオリティ重視の施工で、他社の費用と変わらない内容で、チャレンジしていこうと考えております。

せっかくお声がけくださるお客様の為。

そこそこ安くて、クオリティは最高!

と、香川県内のお客様が、外壁塗装を頼みたい!

屋根塗装を頼みたい!

防水工事を頼みたい!

リフォームを頼みたい!

と、お声がけいただけますよう、これから益々精進してまいります。

お問合せはメールもしくはお電話で。

087-844-2998

です。

香川県で塗装、香川県で外壁塗装、高松市で塗装、高松市で外壁塗装なら、川田建装へお任せくださいませ。

雨漏り119全国会議in東京

2020年1月19日

雨漏り119全国会議が、東京で開催

されました。

雨漏り119全国会議が東京で開催されました。
弊社、雨漏り119高松店として、今後も香川県内の雨漏り解決に精進してまいります。

上記が会議の様子です。

全国より雨漏りに強い加盟店が集まり、

スキルアップセミナーや、各店舗の発表

など、今回も盛り沢山な内容でした。

今後も、弊社は雨漏り119店高松店として

香川県内の雨漏りに全力で挑んでまいります。

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

皆さまにおかれましては、輝かしい新年を
お迎えのこととお喜び申し上げます。
旧年中は格別のお引き立てをいただき、誠に
ありがとうございました。
本年も、皆さまにより一層ご満足いただける
施工品質に努めてまいります。
今後も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い
申し上げます。
なお、新年は5日より通常営業しております。
メールやお電話は休憩中でもお受け致します
ので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
令和二年 元旦
川田建装 謹賀新年

香川県内の雨漏り解決

2019年1月19日

福岡県福岡市のガーデンパレスにて

第5回雨漏り119全国加盟店会議

が開催されました。

雨漏り119とは

文字通り全国に119社の加盟店がおり。

北は北海道。南は九州まで。

全国に加盟店がおられる団体です。

さらに詳しくご説明すると

広島に本部

全国にネットワークがあり、雨漏りを第3者的に調査し、適正な修繕を行う。

団体の理念

雨漏りに困られている方を第3者的立場で救うことで、個の成長を高めあい、団体の成長に貢献し社会問題の解決を図るということを目指します。

という理念。

弊社は香川県内すべてをエリアとしており

雨漏り119高松店として活動しています。

午前11時より会議が始まり夕方まで。

深く細かい内容は綴れませんが、

内容の濃い会議となりました。

会議後の懇親会では、表彰式がございました。

弊社は昨年も表彰してくださいまして

今回はベストリポーター賞をいただきました。

2年連続で表彰してくださいましたこと、

心より嬉しく思いますし、全国の活動の中よりお選びくださったことは誠に光栄でございます。

雨漏りするケースは様々。

香川県内の雨漏りも同様です。

外観からだけのシーリングだけでは雨漏りは止まらない。

雨漏りはただの防水だけでは止まらない。

雨漏りはただの塗装だけでは止まらない。

雨漏りはただの板金だけでは止まらない。

本当に様々でございます。

経年劣化による雨漏りもあれば、ヒューマンエラーから繋がる雨漏りもあります。

修繕方法は状況によって変わりますから、入念な調査のうえでないと完璧な方法は見出せません。

修繕してから再発などしたら、誰が困るとしましたら、依頼主様が困りますからね。

雨漏りを舐めてはいけません。

徹底的な調査と、構造が分かる知識と経験、そしてネットワークがなければ解決致しません。

これからも、香川県内全域の雨漏りでお困りの方で、弊社を必要としてくださる方には、全力で雨漏り解決に向け立ち向かってまいります!

雨漏り119高松店へ

お気軽にご相談くださいませ。

香川県高松市塗装-香川県外壁塗装-防水工事なら-香川県外壁塗装㈲川田建装へ

香川県高松市外壁塗装なら、有限会社川田建装へお任せください。

香川県外壁塗装といえば川田建装です。

弊社は香川県高松市に社屋を構える有限会社川田建装です。

業務内容は、新築物件から改修物件までの塗装全般・防水は改修物件が主です。
内装工事はクロス工事から大工工事までリノベーションやリフォームは対応可能です。
雨漏り調査や雨漏り修理は、第三者的に調査し修繕を行う雨漏り119という全国119社のネットワーク団体に加盟しており、弊社は雨漏り119高松店として動いています。

勿論外壁塗装は得意中の得意分野。

最近では、あまり経験のない職方でも塗装できますよ。的な行動をしていますが、実際は塗装にも国家検定がございまして一級塗装技能士や二級塗装技能士などの資格がございます。
また、国土交通省認定の建設基幹技能者という資格もあり、こちらは一級技能士資格保有者へ指示して施工管理できる役割の資格となります。

そして、塗装と簡単に申しましても、新築でも改修物件でも素材や下地を見極め、適正な下地処理を行い適正な塗り回数で施工し、適正な塗膜を塗装できる知識がなくてはなりません。
勿論技能は絶対です。
安かろう、悪かろうな施工ではなく、しっかりとした施工ができる塗装会社や塗装職人こそプロです。

弊社は、日本塗装工業会にも加盟しており、こちらは国土交通大臣指定の住宅リフォーム事業者団体にも加盟していますから、まさにこの道を本気で突き進む生粋の施工店でございます。

県内にも数えきれないほどの業者数がございますが、弊社が施工させていただいたお客様からのご紹介や、評判を聞かれ県内の方々より多数のご用命をいただき施工させていただいております。

現在は1500棟をはるかに超えて外壁塗装の施工実績がございます。
香川県高松市に限らず県内で外壁塗装させていただいた物件はこちら。




香川県高松市外壁塗装

香川県高松市国分寺町塗装
香川県丸亀市郡家町塗装・板金・屋根カバー工法

香川県高松市仏生山町外壁塗装
香川県高松市多肥上町外壁塗装






香川県アパート塗装・外壁塗装・高松市木太町






 

有限会社川田建装は、香川県高松市で外壁塗装を行う専門施工店です。
香川県高松市で塗装-外壁塗装-屋根塗装-防水工事は川田建装へお任せください。

また、香川県内全域が施工可能エリア。

香川県外壁塗装もお任せください。

すべての施工はお客様の笑顔の為。

お気軽にご相談くださいませ。

雨もり119全国会議・塗魂ペインターズ全国会議in名古屋

1月18日、19日と名古屋へ行ってまいりました。

18日は塗装でできる社会貢献をコンセプトで行なっております。塗魂ペインターズの全国会議が開催されました。

塗魂ペインターズは、全国各地から志の高い塗装業者が集まる団体。現在は160社集まる団体となっています。

活動には金品は一切いただかない完全なるボランティア活動。
全国各地で予算のおりない施設や学校などの塗装ボランティアを行なっております。

また、昨年はリトアニアの杉原千畝ハウスの外装修繕工事まで、ボランティアで行いました、とんでもない団体です。

そんな団体で、弊社も微力ながら参加させていただき、できる範囲のみですが活動しています。
個の力だけでは小さい力です。
しかし、個と個の連携が大きな力となり、数々の物件へボランティア活動ができるのです。

また、塗装する為には塗料や副資材が必要。
ここでも、塗料や副資材を協賛してバックアップしてくださる塗料メーカー様、刷毛や副資材を製造販売されている会社様がたのおかげで、この塗魂ペインターズの塗装ボランティアが成り立っております。

人は文字通りに一人一人が支え合い生きています。
そして、人の為に生きることで心が磨かれ、人として成長するのだと、、
私は、この塗魂ペインターズの活動を経て感じています。

今回開催された全国会議では、各地で開催されたボランティア活動報告、今後の展開や展望、講師を招いての公演など、とても素晴らしい会議でした。

19日は全国に加盟店がおり、全国にネットワークがある、雨もりを第三者的に調査し、原因を特定してから適正な修繕を行う団体、雨もり119加盟店全国会議が開催されました。
この団体の理念
雨漏りに困っている人を第三者的立場で救うことで個の成長を高め合い、団体の成長に貢献し、社会問題の解決を図ることを目指します。
という理念です。

そしてさらにCostomer Satisfaction=CS=お客様満足
雨漏り119をご利用のお客様に『本当にありがとう』と喜んで頂くことが目的であり、お客様から選ばれる団体を目指しています。

また、世の中より雨漏りがなくなれば、この団体は解散します。

会議は1日通してございましたが、誰一人と居眠りなどする方はおりません。
何故なら、居眠りなどする必要がないほど、とても充実した実りある内容だからです。

弊社は雨漏り119高松店として活動させていただいております。
2017年も様々な構造物件の建物を調査せていただきすべて解決致しました。

新築時より30年雨漏りが止まらないケース。
築2年で雨漏りしたケース。
築40年雨漏りが止まらないケース。
築15年で雨漏りしだしたケース。
木造住宅から鉄骨造、RC造まで様々。

根気よく原因を探し、原因を特定して修繕致しますから余分な費用もなく解決に至る。
これぞ雨漏り119です。

今回の会議では、弊社雨漏り119高松店を表彰してくださいました。

ベストテクニカル賞。
最も技術が高かったということで表彰してくださいました。

雨漏りを解決して喜んでくださる笑顔を見れ、そして私どもも喜びと感動を実感し、そしてこのように認めてくださることでさらに励みとなります。

この雨漏り119は、名前のとおり全国に119社おります。

全国には様々なケースの雨漏りがございます。
そんな事例を全国119社の仲間で情報共有していますから、とてつもなくスキルが高いです。

今後も、弊社雨漏り119高松店は、雨漏りに困ってらっしゃる方々の為益々精進してまいりますので、お気軽にご相談くださいませ。

弊社業務は多忙な日々ですが、この両日の全国会議に出席でき実りある日々となりました。
これもご理解くださるお客様がおり、会社を留守にしていても会社へ尽力してくれる弊社スタッフのおかげでございます。

貴重な情報をインプットした内容を、様々な場面でアウトプットしていこうと思います。

香川県高松市塗装-高松市内で施工中物件

香川県全域を施工可能エリアとしております、有限会社川田建装です。

現在施工中物件は、香川県高松市内で塗装工事を行っています。

高松市牟礼町では、一般住宅の外装改修塗装を施工中です。

仕様は2色へ塗り分けるダブルトーンという施工方法としており、下塗りから中塗りまで単色で全面塗り、表面だけを別の色で塗る仕上げとしています。

香川県高松市牟礼町塗装

元々既存壁面仕上げも2色塗りだった為、新築時の装いと同様な仕上がりとなっています。

香川県高松市牟礼町塗装 2色仕上げ

また、香川県高松市高松町では、某幼稚園の増築に伴い、外装の塗装や内装塗装を施工中です。

外装仕上がり

内装は主に新規木材を取り付けた部位へ、着色してからクリヤー仕上げという施工内容を施しています。

また、高松市桜町ではマンション大規模修繕に伴い、塗装工事を施工中です。
天井や壁面の塗装、配管等の塗装が主となります。

すべての現場で共通ですが、引き続き安全第一で作業を行なってまいります。

NHK様より雨漏りについて取材

この度、NHK高松放送局様より、取材のご依頼がございました。

ゆう6かがわで、気象予報士をされている中島望様よりお声がけを頂戴致しました。

内容は、6月11日が雨漏り点検の日と制定されている明日に合わせ、弊社が所属している、本部は広島県、品川会長率いる雨漏り119 。
そして今回香川県内の、弊社高松店にお声がけ頂き、雨漏り点検の重要性と必要性を、一般の方に知って頂きたいということをお伝えする内容でした。

因みに、、雨漏り点検の日とは、

全国雨漏検査協会が1997年4月に制定。
この日が雑節の一つ「入梅」になることが多いことから始まったそうです。

8日水曜日にNHK高松放送局様社屋にて、簡単なお打合せをさせていただき、10日午前10時より2時間の撮影となりました。

緊張のあまり、私自身が大汗で雨漏りしている状態でしたが、、、

無事撮影も終わり、10日18時10分より、ゆう6かがわにて放映となりました。
image

image

image

image

image

このような放映を経て、雨漏りに困られている方々に、我々の存在を知って頂き、お力になれれば幸甚に存じます。

現在香川県内も梅雨時期にも入り、これから台風シーズンとなってまいりますから、雨漏りが懸念されます。

しかし、雨漏りには必ず原因がございますので、お悩みの際は、お気軽にご相談くださいませ。

香川県の雨漏りは、私達が解決いたします。

最後に、この度はNHK様よりお声がけ頂き、とても光栄に思いますと共に貴重な経験ができましたこと、心より嬉しく思います

熊本地震

この度の熊本地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
また、被災されている方々に、心よりお見舞い申し上げます。
未だ余震が続いている現状、気をつけていただきたいと思います。

弊社としましても、個人としましても、できる限り一所懸命仕事をし、平素変わらぬ生活をして、被災された方々へ、微力ですがご支援できるよう努めてまいる所存でございます。

日本も天災が多く発生するようになってまいりました。
いつかこの香川にも、大きな地震が起こるか分かりません。しかし、そのことに備えはしても臆病に生きる訳にはまいりません。今は、被災された方々の為に、それぞれが何ができるのか?を考え、人それぞれができることを行えば、それで良いのではないかと私は想います。

日本人の魂は、誰かが誰かの為に生きて、力を合わせて生きていると信じています。

いつか、あの時はすごい地震だったね…
と笑える日がくることを、心より願います。

香川県塗装業者・防水業者・各種内外装リフォーム業者の川田建装です。

こちらのホームページは、香川県内で弊社川田建装をより知っていただく為に作成しています。

まだまだ至らないページばかりですが、お客様に弊社を知って頂く為のコンテンツを今後作成してまいりたいと思います。

弊社川田建装という会社は、香川県高松市に社屋を構える会社です。

施工は香川県高松市内に限らず、香川県内全域で外装全般に伴う外壁塗装・屋根塗装・防水工事・各種外装リフォーム工事に携わらせていただいております。

内装工事としてクロスから造作、さらにはユニットバスや太陽光発電システムまで対応可能です。

また、新築工事に伴う内装塗装や外装塗装も行い、店舗内外装やビル・マンション・商業施設・学校や公共施設などの塗装工事まで幅広く施工実績がございます。

常にお客様目線の施工に取り組んでおり、お客様の喜ばれる笑顔に、私共はやりがいを感じ励みとなっています。

これからも、忙しい日々の幸せを噛みしめ、弊社スタッフ一同は謙虚な考えや姿勢で、日々お客様の笑顔の為に精進してまいります。
末永く川田建装をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。